« ショック! バイクが壊れた | トップページ | 今度は乙武さんの不倫騒動 »

2016年3月23日 (水)

ショック!70歳

 昨日、「ショック!バイクが壊れた」という題名でブログを書いていた。

 それに続いて、今日も「ショック!〇〇」でいこうと思って、今、ブログを立ち上げたら、下書きのままになっていた。

 私の使っているブログ・「ココログ」では、「今すぐ公開」にチェックをいれて更新ボタンを押さないと、記事は下書きに入ってしまう。

 昨日の記事が、そうで、下書きに入っていた。

 ということで、昨日のものを今日アップして、今日の記事を書いている。

 昨日、愛用のバイクを壊してしまったのは大ショックだったが、今日受けたショックの方がダメージが大きかった。

 今朝、女性のお客さんが来社された。

 まったく面識の無い方だったが、話をしてみると、私の存じあげている方の奥様であった。

 ご主人が去年亡くなられたとのことで、人の紹介で当社に賃貸物件の募集の依頼に来たのだという。

 ご主人は、私より3つか4つ年上で、小中学校の先輩になる。

 付き合いがあるという関係ではなかったが、当社の近くに住んでおられたから、亡くなられたのなら何か話が伝わってくるはずなのに、そんな噂すら聞いたことがなかった。

 聞くと、一切誰にも伝えず家族だけで見送られたということだった。

 余りにも唐突なことで、あれこれお話をする中で、私は、「ご主人は、(私にとっては)恐い先輩だったんですよ」と、つい口走ってしまった。

 その言葉をとらえて、「えっ!主人の方が年上だったんですか?」と、びんくりしたような顔をされた。

 確か、この方のご主人は69歳くらいだったはず。

 ということは、な、な、な、なんと、私は70歳に見えているということ。

 私は、子どものころから老けて見られていた。

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)の方言で「おせらしい」という言葉がある。

 「おとなっぽい」とか「年齢よりしっかりしている」という、ほめ言葉として大人から言われる言葉だったが、要するに年より老けて見えるということだった。

 その意味がわかるようになって、「おせらしい」と言われると、こども心が傷ついた。

 大学に入ったときは、同級生に「何年浪人したんだ?」なんて聞かれた。

 老けて見られることが、ずっとコンプレックスだった。

 それが、40歳くらいからは、年より若く見られるようになってきた。

 若いころは老け顔だったが、その顔がそのまま継続しているのか、50代になると、年より随分若く見られたりした。

 若く見られると、なんだか嬉しかった。

 あー、それなのに、それなのに、このところ、また年相応に見られるようになってきた。

 髪が薄くなってきたことが大いに影響しているようだ。

 少し悲しい思いであったが、年相応はしかたがないと、自分を慰めていた。

 あー、それなのに、それなのに、70歳に見られるとは!

 バイクが壊れたくらい、「屁でも無い」。

 バイクは、金を出せば代わりが買えるが、年は金では買えない。

 若い、若いと、思っていたが、強烈に、年を思い知らされた。

 いい加減に生きてきたけど、なにか考えないと、先行き危ういなあ。

« ショック! バイクが壊れた | トップページ | 今度は乙武さんの不倫騒動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/64606055

この記事へのトラックバック一覧です: ショック!70歳:

« ショック! バイクが壊れた | トップページ | 今度は乙武さんの不倫騒動 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ