« なんとも、品が無い。舛添知事・恥事。 | トップページ | 舛添さん頑張れ。6%もの人があなたを信じている。 »

2016年5月13日 (金)

いるいる、舛添みたいなヤツ。

 町でばったり昔なじみの男に会った。

 建築関係の仕事をしている男だ。

 ちょうど、建築関連のことで聞きたいことがあったので、「久しぶりだなー。もうかってるかい?」と意味のない挨拶を交わし、「ちょうどよかった、ちょっと教えてほしいことがあるのだけど」と切り出した。

 すると「ちょうど昼時だし、久しぶりだから昼飯でも食いながら話をしようか」と言ってきた。

 そんな込み入った相談でもないし、余り腹も減っていなかったのだが、誘われるままに近くのファミレスに行くことにした。

 店に入ると、「ああ、腹減ったー。朝飯食ってないんだよなー。ステーキにしよう。腹減っているから200グラム(のステーキ)にしようかな」と言いながらメニューを手にとり、私にもう一冊のメニューを手渡してきた。

 私が「俺は、余り腹がすいてないからランチでいいわ」と言うと、「今日はお前のおごりだろう?」と聞いてきた。

 「何で、俺がおごらんといかんのだよ」と答えると、「だって、なにか相談があるのだろう?飯ぐらいごちそうしてくれてもいいじゃないか」と言う。
 
 昔から、こういうヤツだった。

 外見は柔和で人の良さそうな顔をしている。

 しかし、腹の中は真っ黒。

 金や力があって自分にとって役に立つ相手には、よい人を演じてうまくとりいるが、自分にとって役に立たない相手には一切かかりあわない。

 悲しいのは、そんなヤツなのに私の数倍人の評判は良い。

 私は悪徳不動産屋だからそれも仕方がないが、こんなヤツに人間性は負けてはいないと自負している。

 「飯ぐらい自分の金で食え。なんで俺があんたに飯をおごらんといかんのだ」と、ヤツの申し出をきっぱり拒否した。

 そこにウエイトレスがやってきた。

 「注文はおきまりですか」

 すると、ヤツは即座に「ボク、ランチ」と一番安いランチを注文した。

 おまけに、「ここのランチ、安いけど、美味くてお得なんだよねー」なんて抜かしやがる。

 さっき、「腹が減っているから200グラムのステーキにしよう」と言っていたのに、自腹だとわかったとたんに、恥ずかしげもなく一番安いランチに切り換える。

 人に金を出してもらえるなら一番高いメニュー。

 自腹であれば一番安いメニュー。

 今の今の言葉だぞ。

 そんな、さもしい魂胆が見え見えじゃないか!

 男子たるもの、一端口にした限り、見栄をはってでもステーキを食わんかい。

 しかも、「ここのランチ、安いけど、美味くて、お得」?

 筋の通らぬ言い訳は恥の上塗りだ。

 舛添みたいなことをやるんじゃないよ。

 品が無いったらありゃしない。

« なんとも、品が無い。舛添知事・恥事。 | トップページ | 舛添さん頑張れ。6%もの人があなたを信じている。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/65467685

この記事へのトラックバック一覧です: いるいる、舛添みたいなヤツ。:

« なんとも、品が無い。舛添知事・恥事。 | トップページ | 舛添さん頑張れ。6%もの人があなたを信じている。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ