« 悪徳不動産屋日記 お客さんを断ることも珍しくはない。 | トップページ | 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)も大雨 »

2016年6月28日 (火)

末期がんで死ぬのが理想の最期

 サンデー毎日に「名医25人に聞いた理想の最期 医者が選ぶ 死ぬならこのがん」という記事があった。

 その中で私が一番共感できたのは、肝臓がんであった。

 かつて国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長を勤めた森山紀之医師によると、「がんで楽な死に方になるかは運の善しあしだけど、私が選ぶなら肝臓がん」なのだそうだ。

 週刊誌が付けた見出しには、「肝臓がんなら苦痛は短く、眠るように・・・」とある。
 なんと魅惑的な言葉。死ぬのが怖く無くなりそうではないか。

 森山さんによると、「発見されたときは手の施しようもないがの末期だったというと、不幸のように感じるが、見方を変えれば末期になるまで「痛み」などの症状を感じなかったということ」

 これも至言。

 「肝臓は痛覚が無いので、肝機能が悪くなり、意識がなくなって、最期は眠るように・・・。黄疸によって体は黄色くなるが、肝臓がんは苦痛を感じる期間が比較的短い」のだそうだ。

 「ただし、急に容体が悪化してしまうから、身辺整理は早めにしたほうがいい」そうである。

 「先日、カミさんの同級生が肝臓がんで亡くなりましたが、亡くなる1週間前まで普通に歩いていた」とも言っておられた。

 うーむ。死ぬなら肝臓がんに限る、かなあ。

 でも、あと10年は元気でいたいと思っているのだけど。

« 悪徳不動産屋日記 お客さんを断ることも珍しくはない。 | トップページ | 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)も大雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/66248181

この記事へのトラックバック一覧です: 末期がんで死ぬのが理想の最期:

« 悪徳不動産屋日記 お客さんを断ることも珍しくはない。 | トップページ | 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)も大雨 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ