« 今日は何の日?山の日? | トップページ | 山の日② »

2016年8月12日 (金)

内村選手 体操個人総合で金メダル

 内村航平選手がオリンピック体操個人総合で2連覇を達成した。

 トップと0.901の差の2位で向かえた最終種目の鉄棒で、完璧な着地を決めての大逆転勝利だった。

 2位のオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)との差はわずか0.099であった。

 メダリスト会見で、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という質問が飛んだ。

 それに対して内村選手は、淡々と、「まったくそんなことは思っていない。公平にジャッジしてもらっている。」と答えた。

 この質問に怒っていたのがオレグ・ベルニャエフ選手。

 
 ベルニャエフ選手は、「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」と言い放ったというのだ。

 会見の中ではベルニャエフ選手と、銅メダルのマックス・ウィットロック選手(英国)から内村への称賛が相次いだのだそうだ。

 ウィトロック選手は「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。今日の最後の鉄棒は言葉がない。クレイジーとしかいえない」と賛辞し、ベルニャエフは「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ」と褒めたたえた。

 これこそオリンピック。

 この言葉はお世辞や社交辞令の言葉ではない。

 ベルニャエフの演技が終り、採点が発表されて内村選手の逆転優勝が決まり、内村選手の喜びの映像の後ろで、ベルニャエフ選手は微笑んでいた。

 その笑みは、内村選手の優勝を心から祝福しているものだった。

 ひがみ根性の私にはベルニャエフ選手澄んだ笑顔が理解できなかった。

 計算づくで逆転してしまったかのような微妙な差である。

 私だったら、前チャンピオンに対してのひいきではないかと疑心暗鬼で怒りと落胆を画せなかったことだろう。

 メダリスト会見でのベルニャエフ選手とウィットロック選手の言葉で、私はその笑顔の意味を知らされた。

 内村選手は、競争相手の選手をさえ畏敬させる異次元の選手なのだ。

 私は、内村選手の金メダルの演技に感激したが、二人の選手の言葉にそれ以上の感動を受けた。

« 今日は何の日?山の日? | トップページ | 山の日② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/66959611

この記事へのトラックバック一覧です: 内村選手 体操個人総合で金メダル:

« 今日は何の日?山の日? | トップページ | 山の日② »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ