« 悪徳不動産屋日記 延岡移住のお手伝い | トップページ | 「高齢者は75歳以上」 日本老年学界と日本老年医学界が提言 »

2017年1月 8日 (日)

幸運の女神は前髪しかない

 「幸運の女神には前髪しかない」ということわざがある。

 幸運の女神には前髪しかないので、通り過ぎた後にあわててつかもうとしても後ろ髪がなくてつかめない。

 チャンスは一瞬しかないので、即座に対応しないとチャンスはつかめないということわざだ。

 このことわざは知っていたが、「幸運の女神には前髪がない」というのめは言葉だけだと思っていた。

 しかし、「幸運の女神」は、ローマ神話のフォルトゥナのことなのだそうだ。

 ちなみにフォルトゥナはラテン語で幸運。英語のフォーチュンの語原のようだ。

 フォルトゥナは、運命を操るための舵をそなえ、運命が定まらないことを象徴する不安定な球体にのり、幸運の逃げやすさを象徴する羽の生えた靴を履き、幸福が満ちることのないことを象徴するそこの抜けた壷を持っている。

 女神は球体をゴロゴロころがしながら猛スピードで猛スピードで近づいて来る。
 
 目隠し手をしているので不安定に蛇行する。

 前髪は長く、トサカのように立っている。幸運を得るには、この前髪をすばやくつかまなくてはならない。

 いざフォルトゥナを目の前にした時、手を伸ばすのを躊躇したらおしまい。

 あっという間に通り過ぎてしまう。背を向けられれば為す術はない。なにしろ後頭部はツルッパゲなのだ。

 幸運の女神自身どこへ向かっているかわからず動いているのだから、迎える側がふいを突かれるのは当然のこと。

 また女神は目隠ししているため善悪の区別もつかず、自分を捕まえたものなら誰彼かまわず幸運を与える。

 時に極悪非道の輩が妙にラッキーだったりするのは、そういう次第なのである。

 思えば、誰もが大小さまざまな幸運の女神に遭遇しているのではないだろか。

 しかし多くの人は、それに気がつかず、気がついたとしてもすぐに動かない。

 迷っている時間はない。瞬時にチャンスに乗っかることが肝心なのだ。

 思い起こせば私も、チャンスには恵まれている方だった。

 しかし、引っ込み思案と行動力のなさで多くのチャンスを見逃してきた。

 大きなチャンスだったと思う出来事も少なくない。

 もう残りの時間のほうが少なくなってしまったが、まだ何度か幸運の女神に出くわすことがあるのだろう。

 遅ればせながらではあるが、その時に幸運の女神の前髪をつかむ反射神経を研ぎ澄ませておくことにしよう。

 みなさんも、日頃から幸運の女神の前髪をつかむ技を鍛えておくといいですよ。

« 悪徳不動産屋日記 延岡移住のお手伝い | トップページ | 「高齢者は75歳以上」 日本老年学界と日本老年医学界が提言 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/69166883

この記事へのトラックバック一覧です: 幸運の女神は前髪しかない:

« 悪徳不動産屋日記 延岡移住のお手伝い | トップページ | 「高齢者は75歳以上」 日本老年学界と日本老年医学界が提言 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ