« 2月1日。初日(しょにち)の思い。 | トップページ | 総合的にはついているんだけど、間が悪い »

2017年2月 2日 (木)

薬に頼らずに血圧を下げる① ジョギングで血圧を下げる その1

昨日の告知のとおり、「ジョギングで血圧は下がるか」の実験を始めた。
 
  私は親から、すこぶる丈夫な体をもらった。
 
  この年になるまで、入院するような病気をしたこともなければ、大きなケガをしたこともなく、体にメスが入ったことも無い。
 
  以前勤めていた会社では、年に1回日帰りドッグの健康診断をやっていた。
 
  同僚や上司のほとんど全部が、なにがしかの悪いところを指摘されいたが、私だけはいつも「異常はみあたりません。ただし、多少肥満の傾向がありますので、運動をして太りすぎには気をつけてください」ということであった。
 
  そのときの社長(今でも尊敬している私の師匠なのだが)から、私の体の丈夫さについては、「鉄人」という称号をもらっていた。
 
  師匠からお墨付きをもらっていたもので、私は自分のことを「鉄人」だと思い込んでいた。
 
  大病はしない。大きなケガもしない。ちょっとした病気なんて医者にかからず自力で治せる。
 
  そんな変な自信をもっていた。
 
  数年前に、私が仕事で大変お世話になっているお医者さんに血圧が高いと指摘されたことがあった。
 
  インフルエンザにかかって診てもらいに行ったときのことだった。
 
  検査で計った血圧は、下が90、上が140といったところであった。
 
  その数字を見て先生は、「少し血圧が高いですね。薬を飲むことを考えた方がいいですよ。」と言われた。
 
  病気とは無縁と思い込んでいる私は、高血圧とも無縁だと思っていた。
 
  それで、「少し高い」というだけだから、高血圧とまでは言わないのだろうと自分勝手な解釈をした。
 
  「先生。まだ高血圧とまではいかないんでしょう。」と、深く意にも介さずにいる私に、先生は「このままの状態が続くようだったら、薬を飲んだ方がいいですよ。」と、優しく治療をするように勧めてくれた。
 
  私のまわりは高血圧や糖尿病の薬を飲んでいる人だらけだった。
 
  みんなで血圧の高さや、糖尿病の数値の大きさを自慢し合っていた。
 
  そんな中で、血圧の薬を飲み始めると一生やめられないという話しを聞いていた。
 
  「先生。血圧の薬を飲み始めると一生薬をやめられないんでしょう。私は、運動で血圧を下げるから、まだ薬はいいです。」と、薬をもらうことはしなかった。
 
  「今は、良い薬があるから、よくなればやめることもできるから飲んでおいた方がいいですよ」という先生の親切な助言に、「運動で下げます。それでも下がらないときは考えます」と自分の意見を押し通した。
 
  そして、約束を守るべく数日後からジョギングを始めた。
 
  効果は、すぐさま表われて、2カ月もすると血圧は「高めの正常値」まで下がった。
 
  3カ月を過ぎるころには「正常」。半年目には「至適」と呼ばれる数値にまで下がった。
 
  そのときは、血圧が下がったのと同時にジョギングはやめた。
 
  その後は、血圧をきにすることなく、再び運動とは無縁の生活をしていた。
 
  血圧を気にするのは、定期的にやっている献血の際の血圧測定で、「ちょっと血圧が高めですね」と言われるときくらいだった。
 
  もともと、若いころから献血をする習慣はあったのだが、会社勤めをやめて健康診断をする機会がなくなってからというものは、献血の際の血液検査の結果が私にとっての健康診断がわりになっていた。
 
  献血の際の血液検査は、会社勤めのときにやっていた健康診断の血液検査の検査項目とほとんど同じ内容なのだ。
   
 それで健康診断を兼ねて、年に1回か2回は献血をしている。

 献血後に血液検査の結果が送られてくるが、その数値は、この20年まったく変化が無い。

 いろんな検査項目があって、体に異常があったら変化するという数値の説明が付いてくるのだが、いずれの数値もまったく正常値なのだ。

 そんなこともあって、ずっと健康に不安を持つことはなかったから、家で血圧を図ることはなかった。

 そんな私だったが、テレビの健康番組を見ていて、ちょっと気になって血圧を計ってみた。

 なんと、下が99。上が159くらいある。

 思いがけない数字で、何度も計り直してみたが、下が100を超したり、上が160を超したりすることもある。

 これは中度の高血圧の数字。

 去年、青島太平洋マラソンのための練習を半年やった。

 青島太平洋マラソンは12月11日。

 青島太平洋マラソン以来、まったく運動はしていないが、あれからまだ1カ月ちょっとしか経っていない。

 半年もマラソン練習をしていたのに、なぜ、たった1カ月で血圧が上がったのだろうか。

 ちょっと不安になり、血圧についてあれこれ調べてみた。

 まずは、血圧が高いとなぜいけないのだろう。

 血圧が高いと血管が厚く、もろくなり、脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなるのだそうだ。

 しかし、そんなに気にすることは無い。

 ジョギングをしたらすぐに血圧は下がると、たかをくくっていた。

 それで、1月16日からジョギングを始めた。

 まだ大きな効果は出ていない。

 2カ月やってみても効果がなければ、医師の軍門に下ろうと思っている。

 ジョギングで血圧が下がるか。しばらく記録を書きつづってみることにする。

 どうなることやら。

 乞う、ご期待。

« 2月1日。初日(しょにち)の思い。 | トップページ | 総合的にはついているんだけど、間が悪い »

13青島太平洋マラソン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/69460723

この記事へのトラックバック一覧です: 薬に頼らずに血圧を下げる① ジョギングで血圧を下げる その1:

« 2月1日。初日(しょにち)の思い。 | トップページ | 総合的にはついているんだけど、間が悪い »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ