« 安倍は国会を、そして国民をなめきっている。 | トップページ | 「切手が長い」  昔集めた記念切手 »

2017年5月 9日 (火)

韓国の大統領選。後が不安。

 フランスの大統領選挙に続いて、今日は韓国の大統領選挙だ。

 昨晩のテレビのニュースで韓国の大統領選挙を取り上げていた。

 切り取りの報道かもしれないが、今回の大統領選挙の大きな特徴として、国民が政策についてまったく関心を示していないと報じていた。

 国民の関心は、政策はそっちのけ。

 政権が交替することで、今の閉塞された状況を変えてもらいたいということが、国民の最大の関心事のようであった。

 すべての候補者と国民の合言葉は「反パク・クネ」

 これって、どこかで見た景色ではないか。

 そう、2009年の日本の総選挙。

 あのとき変革の予感に国民の期待が高まった。

 戦後70年での始めての政権交代。

 果たして政権交代は行われた。

 しかし、政権交代は変革は起こらなかった。

 起こったのは混乱のみ。

 その反動で、安倍一強政権を生み出した。

 他に選択肢の無い選択。

 国民は政治に対して、ただただ無力感を感じて、呆然と成り行きを傍観するのみ。

 韓国もそうなりはしないか。

 フランスの大統領選挙も、決選投票でマクロンさんが票を集めたのは、偏り過ぎの極右を警戒したための結果だった。

 もしマクロン大統領が、これといった成果を果たせなかったときもまた、日本の民主党による政権交代のときと同じく、次は極右政党のペロン政権が誕生するかもしれない。

 
 こんなことを書いていて、ふと、不安になった。

 共謀罪法が成立したら、こんなことを書いていたら、捜査の対象になるのかもしれないなあ。

 

« 安倍は国会を、そして国民をなめきっている。 | トップページ | 「切手が長い」  昔集めた記念切手 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/70514014

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の大統領選。後が不安。:

« 安倍は国会を、そして国民をなめきっている。 | トップページ | 「切手が長い」  昔集めた記念切手 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ