« 通学路で暴走 殺人罪で逮捕 | トップページ | 加計問題 知らず存ぜずで押し通すのだろうか »

2017年5月30日 (火)

前川さんの出会い系バー問題

 前川喜平・前文科省事務次官の加計学園の獣医学部新設の経緯についての暴露会見は、安倍総理を窮地に追い込むかと思われた。

 しかし読売新聞の、前川さんが出会い系バーに通っていたとい記事に対する釈明の理由が安倍さんを救うことになった。

 出会い系バーに言ったのは、女性の貧困について、実地の視察調査の意味合いがあった」と釈明したのである。

 私は、その説明を、「まずいなー」と思って聞いていたが、そう感じたのは私だけではなかったようだ。

 誰もが違和感を感じる下手な釈明は、突っ込みどころ満載で、前川さんの告発に疑問符をつけることになった。

 「男の性(さが)で、若い女性に興味があって行っていた。しかし買春はしていません。」と、潔く認めておけば良かった。

 ひょっとして買春まがいのことをしていたのであったら、当然そこは突っ込まれるだろことも想定した釈明を用意するべきだった。

 金言実直に生きてきたことにしているのであるから、つらいだろうけど、敵は嘘は絶対に暴いてくる。

 嘘はバレルに決まっているのだから、それを想定した釈明を考えるべきだ。

 「恥ずかしい話だが、男として、誘惑に負けてしまった。そのことを秘密にするかわりに、告発はやめろというような話もあった。しかし、私は自分のやった個人的な過ちが明らかになっても、国家の健全な運営のために、黙っておれなかった。」とでも言えば良かった。

 そもそも前川さんは、無傷で済むとは思っていなかったはず。

 前川さんは、すでに地に落ちかけているのだから、今からでも居直って、破れかぶれの反撃をするしかないのではないか。

 肉を切らせて骨を断つ。相手に致命傷を与えてやれば良い。

 最初から、「事務次官であっても男でした。出会い系バーに行って何が悪い」と、相手の攻撃を意に介さずスルーしておけば一番良かった。

 しかし、思わず対面をとりつくろった発言になってしまったのだろう。

 出たうんこは、ひっこめられない。

 こうなれば、前言訂正、やぶれかぶれの一勝負。

 下半身の問題は隠したかったから変な言い訳をしてしまった。

 その心をみすかされて、内閣府側から出会い系バーに行っていたことをばらすぞという脅しとも思われる発言も出た。

 しかし私は、その脅しには負けずに、真実を語ることが私のつとめだと思って告発にいたった。

 と、やってみてはいかがだろう。

  どうあがいても、無傷ではいれないのだから。

« 通学路で暴走 殺人罪で逮捕 | トップページ | 加計問題 知らず存ぜずで押し通すのだろうか »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/70717696

この記事へのトラックバック一覧です: 前川さんの出会い系バー問題:

« 通学路で暴走 殺人罪で逮捕 | トップページ | 加計問題 知らず存ぜずで押し通すのだろうか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ