« 青島太平洋マラソン 自己新記録はあきらめた | トップページ | 日馬富士の休場は遅きに失する »

2017年11月13日 (月)

悪徳不動産屋日記 よくあることだけど

 今朝、出社すると同時に事務所の電話が鳴った。

 家賃管理をしている家主さんからだった。

 その声を聞いて、家主さんの要件は想像がついた。

 まずは家主さんの話しを聞く。

 家主さんは、すぐに要件を切り出した。

 「今月の家賃の振込金額が少いので電話しました」

 想定どおりだった。

 この家主さんの家賃の集金管理をさせていただいている。

 毎月、(管理費)集金手数料を差し引いた額を振り込んでいるのだが、今月は管理費を2カ月分差し引かせてもらっていた。

 というのは、会計事務所から、8月に管理費を引かずに全額を振り込んでいるという指摘があったからだ。

 この家主さんには、振込と同時に家賃振込明細書を送付している。

 今月は、その旨を説明して、2カ月分の管理料を差し引いた明細書を送付していた。

 「すみません。お送りしている明細書に記載していたのですけど、目にとまらなかったんですね。申し訳ありません。8月に管理料を引かずに振込していまして、それを会計事務所に指摘されましたので、今月8月分の管理料を差し引かせてらいました。」

 私の説明を、すぐに納得してもらえるかと思ったのだが、なかなか納得してもらえない。

 「何月?多く振り込んでるの?そんなことあった?気がつかなかったわ。」

 家主さんは、多く振り込まれていたことにはまったく記憶にないようである。

 「すみません。8月です。確認していただけますか」

 「8月?そんなことあった?」

 まだ納得がいかないようだが、通帳を確認してくれているようだ。

 「8月ね」

 やや時間があって、「〇〇円振り込んであるけど、これは管理料を差し引いてないの?」

 「はい。いつも明細書をお送りしているんですけど、今月のはまだ届いていなんですね。通帳で他の月の振込額を確認してみてください。」

 こんなやりとりになったが、すっきりしないようだった。

 会計事務所から指摘されなかったら、気がつかないまま、そのままになっていただろう。

 管理料は数千円。

 少ないときはすぐに気がついたけど、多いときは気がつかなかった。

 多く振り込んでしまったのは私のミスで、それを後になって取り戻すことで、家主さんを損をしたような気にさせてしまった。

 家主さんは、損をしたわけではないのだが、なんだか損をしたような感じになった気持ちはわかる。

 しかし、私は悪徳不動産屋。

 私のミスだから、そのままお取りくださいとは言わないのだった。

 

« 青島太平洋マラソン 自己新記録はあきらめた | トップページ | 日馬富士の休場は遅きに失する »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳不動産屋日記 よくあることだけど:

« 青島太平洋マラソン 自己新記録はあきらめた | トップページ | 日馬富士の休場は遅きに失する »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ