« 青島太平洋マラソン2017 暗雲 欠場するかもしれない | トップページ | 青島太平洋マラソン2017  出ないと思っていたのに »

2017年12月 5日 (火)

いつまで続く日馬富士騒動 元凶は貴乃花

  まだまだ続く日馬富士騒動。
   
  少なくとも、私のまわりの人は、もういいかげんに辞めてほしいと言っている。
 
  チャンネルをまわしても、この報道しかやっていなくて、見たくないものを無理やり見せつけられているのだ。
 
  この騒動の一番の元凶は貴乃花だ。
 
  私が子供の頃、大相撲の花形力士は若乃花と栃錦。
 
  私は、若乃花ファンであった。
 
  それで、その弟である初代貴乃花のファンになった。
 
  その子供の2代目貴乃花と2代目若乃花も大好きだった。
 
  とりわけ、初代若乃花の相撲に対するひたむきさを引き継いだ二代目貴乃花は、私にとって相撲界で一番好きな人物だった。
 
  しかし、日馬富士騒動劇を見ていて、その思いは霧散してしまった。
 
  貴乃花は偏執狂ではないのか。
 
  自分の思う相撲道を一途に追い続けるというのは結構なことだが、自分の思う相撲道が絶対でそれに反するものは一切認めないというのでは、ナチスのヒットラー、ウガンダのアミン大統領、カンボジアのポル・ポト、そして最近の金正雲にも匹敵する独裁者でしかない。
 
  貴乃花は、小学校卒業と同時に相撲界に入り、偉大な叔父と父親を目標にひたすら相撲に取り組んできた。
 
  その結果、相撲では歴史に残る大横綱になった。
 
  私が一番好きな相撲取りであったし、私が知る限りでは3本の指に入る大横綱だと思う。
 
  しかし、それは相撲においてのみのこと。
 
   貴乃花は立派な横綱になったと自負しているようだが、貴乃花が人間の完成形ではない。
 
  彼れは、自分が一点の欠点もない完全な人間であると勘違いしているのではないか。
 
  理事会での彼の姿は、礼儀知らずのあんちゃんといった感じだった。
 
 他の理事たちが背筋を正して座っているのに、貴乃花のみが浅く腰をかけ、だらりと姿勢をくずしていた。

 ふてぶてしく、ふてくされているようでもあった。

 人間として礼儀礼節を重んじなければならないと言う言葉とは裏腹な態度だ。

 この姿を見て、貴乃花は自分の思うどおりにならないから駄々をこねているだけにしか見えなくなってしまった。

 怪我を負ったとされる貴ノ岩を軟禁状態で閉じ込めている。

 閉じ込めたまま初場所も休場させるという話しもある。

 初場所を休場すれば、幕下に陥落してしまう。

 暴力を振るった日馬富士のみならず、自分の目的達成のために、貴ノ岩花の力士生命まで奪おうというのか。

 貴乃花の思う正義は、相撲界全体を思うものではなく、自己の固執した正義を達成するだけのものでしかない。

 私は、貴乃花が歴代の相撲取りで一番大好きだった。

 可愛さ余って憎さ百倍という言葉があるが、今、私にとって貴乃花は最悪の親方に成り下がってしまった。

 

« 青島太平洋マラソン2017 暗雲 欠場するかもしれない | トップページ | 青島太平洋マラソン2017  出ないと思っていたのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/72380300

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで続く日馬富士騒動 元凶は貴乃花:

« 青島太平洋マラソン2017 暗雲 欠場するかもしれない | トップページ | 青島太平洋マラソン2017  出ないと思っていたのに »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ