« 朗報 物忘れ防止タグ | トップページ | 今日は私の誕生日。誕生日は冥土の旅の一里塚。めでたくもあり、めだたくもなし。② »

2018年2月 5日 (月)

恵方巻は、切って食べた方がずっとおいしい

 昨日は立春。

 暦では春になったというのに、猛烈な寒波。

 立春寒波なんて呼んでいるが、寒いの寒くないの。

 立春の前日の3日は節分。

 毎年節分には、お客様から恵方巻をいただく。

 節分に恵方巻を食べるというのは、バレンタインデーにチョコャレートを送るのと同様、マーケティングの大成功例。

 コンビニが流行らせたらしいが、恵方巻には、ありがたみを増すために、食べ方に3つのルールを持たせている

 その年の恵方を向いて食べること。その方向だけ見て、よそ見をしてはいけない。

 恵方巻は切らずに、いっきに食べること。

 そして、食べ終わるまで黙って、おしゃべりしてはいけない。

 このルールを破ると、お願いごとはかなわない。

 せっかく縁起物をいただくのだから、去年まではこのルールのとおりに食べていた。

 太い恵方巻を、切らずに、いっきに、黙って食べるのだが、それだと味わう余裕はない。

 今年は、お客様から電話があり、切り分けた恵方巻と一本のまんまの恵方薪の2種類を用意しているけどどちらがいいかと希望を聞かれた。

 家内がインフルエンザで寝込んでいることもあり、切り分けた方をお願いした。

 縁起はちょっと良くなくなるかもしれないが、熱でうんうんうなっている家内に太巻のまるかじりは無理。

 それで切ったものを所望し、私も切り分けた恵方巻を食べた。

 切り分けた恵方巻は、恵方巻とは言わずに太巻と言うべきで、敬虔あらたかでな食べ物では無くなるのかもしれない。

 だから縁起が良くなるのはあきらめて、熱いお茶をいれて、食べやすく切った太巻きを味わって食べた。

 そうしてわかったことは、ルールを守って食べる恵方巻は美味しくないが、切って食べる恵方巻は美味いということだった。

 今年は、願い事はあきらめて太巻きを味わい尽くしたが、来年は、恵方の神様に、「私は恵方巻のルールを破って食べてますが、心から神様を信じます。どうぞ願い事をかなえて下さい」と願いながら食べることにしよう。

« 朗報 物忘れ防止タグ | トップページ | 今日は私の誕生日。誕生日は冥土の旅の一里塚。めでたくもあり、めだたくもなし。② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻は、切って食べた方がずっとおいしい:

« 朗報 物忘れ防止タグ | トップページ | 今日は私の誕生日。誕生日は冥土の旅の一里塚。めでたくもあり、めだたくもなし。② »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ