« 4月1日。新年度初日。 | トップページ | 薬に頼らずに血圧を下げる 再び »

2018年4月 2日 (月)

年度の初めに、嬉しくなるニュース

 年度初めで、ブログの更新にはげもうと思っている。

 いくつか書こうと思ったことがあるのだが、余りおめでたい内容ではない。

 そんな中で、嬉しくなるニュースが目に留まった。

 メジャーデビューした大谷翔平選手と、イチローさんの活躍のニュースだ。

 何度も告白しているが、私は格別の野球ファンというわけではない。

 そんな私でも、大谷とイチローには大いに興味を抱いていた。

 開幕したばかりで、結果云々をいうのは尚早だとは思うが、大谷は桁外れの怪物のようだ。

 29日に打者としてメジャーデビューし、初打席、初安打

 そして今日、ピッチャーとして先発して初勝利。

 すごい男がいたもんだ、である。

 規格外の超人である。

 嫉妬心の強い私が、大谷を手放しで称賛してしまうのは、彼が野球に取り組むのが対価を求めてのことではないこと。

 金を手にするためにメジャーに行くのであったら、あと2年待てば100億円以上の莫大な契約金と年俸が期待できた。

 メジャーには25歳ルールというものがあって、25歳未満の海外選手については、大谷はマイナー契約となり、メジャーに昇格しても最低保証の6000万円程度の年俸しかもらえない。

 多くの選手が、メジャーという大舞台で戦ってみたいと言ってメジャーを目ざしているものの、本音のところにはメジャーの高額の報酬というのもまた事実である。

 大谷がメジャーで自分の力を試したいというのは、文字通りそれが真実であることを現している。

 このまま、大きく羽ばたいて、妬み心でまみれた皮肉れもののおじさんを、わくわくさせてもらいたい。

 もう独り、屈折した私の心をほぐしてくれたのが、復帰したマリナーズのファンのイチローに対する温かい声援。

 それに対して、あの冷静なイチローが涙ぐんでいた(ように、私には見えた)。

 彼が希望するとおり、50歳まで活躍してもらいたい。

 いやなニュースばかりの昨今、うれしくなるニュースだった。

« 4月1日。新年度初日。 | トップページ | 薬に頼らずに血圧を下げる 再び »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年度の初めに、嬉しくなるニュース:

« 4月1日。新年度初日。 | トップページ | 薬に頼らずに血圧を下げる 再び »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ