« マドンナが60歳だって! | トップページ | 塚原夫妻。マスコミの格好の標的。 »

2018年8月29日 (水)

尾畠さんの至言

 二歳男児を発見したスーパーボランティアの尾畠春夫さん。

 テレビ、雑誌の報道で見る尾畠さんのボランティアへの取り組み方には、ただただ頭が下がる。

 尾畠さんのボランティアの心得は、いろんなところで報じられているが、児童を発見した後、児童の祖父に風呂を勧められたとき、頑に拒否する尾畠さんの対応には、尾畠さんのボランティア精神の神髄を見る思いした。

 すばらしいのは、尾畠さんが自分のボランティアのやり方について、「皆が皆、私のようにやらないといけない、なんてことはありません。あくまでも私はこういう考えです」という発言だ。

 もうひとつ、心にしみた言葉は、尾畠さんが被災者にかける言葉だ。

 尾畠さんが被災者にかける言葉は、「お怪我はなかったですか」と「私にできることなら、なんでもお手伝いさせてください」の2つ。それ以上のことは被災者に聞かない。

 「怖かったか、辛かったか、家は、家族は、なんて聞かれ快く思う人はいませんから」というのだ。

 至言。

 家族を失った被災者に、家を失くした被災者に、「今、どんなお気持ちですか?」とマイクを突きつけるマスコミよ、尾畠さんの言葉を強く心に刻め。

« マドンナが60歳だって! | トップページ | 塚原夫妻。マスコミの格好の標的。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

10テレビの功罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾畠さんの至言:

« マドンナが60歳だって! | トップページ | 塚原夫妻。マスコミの格好の標的。 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ