« 少し特別の1日 | トップページ | 台風21号、本州上陸 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)は台風一過 »

2018年9月 3日 (月)

「万引き家族」を見に行って、うれしかったこと。

 昨日、久々に映画を見に行った。

 作品は「万引き家族」

 カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した話題作。

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)には映画館は一館しかなくて、見たい映画がなかなか見られない。

 一時期、宮崎(市)まで見に行っていたのだが、そうまでして見たい映画が無くて間があいてしまったら、すっかり映画とはご無沙汰になっていた。

 「万引き家族」が話題になって、見に行ってみたいなと思って映画のことが気になりだして、トムクルーズの「ミッション インポッシブル」の新作が出ているのもわかった。

 「万引き家族」は来ないとしても、「ミッション・インポッシブル」は当地の映画館にも来るのではないかと調べてみたら、二本とも上映中であった。

 ついでに、「ジュラシック・ワールド」も上映中であることがわかった。

 なんと、著作権騒動で話題になっている「カメラを止めるな」が10月上旬に公開予定となっているではないか。

 宮崎まで見に行こうと思ってた映画が3本も延岡シネマで公開される。

 当地で見られるのなら、「ジュラシック・ワールド」も見たい。

 ということで、公開期間が最初に終りそうな「万引き家族」を見に行った次第。

 もうひとつ、おまけにうれしかったできごとがあった。

 私は、映画を見るときはシルバー割引きを利用している。

 年齢確認のために免許証を見せると、1,100円の割引料金になる。

 アルコール類を買うときにも年齢確認をすることになっているが、確認が必用なのは20歳以上かどうかであるから、明らかに確認する必用がない年代の人に対しては確認しない。

 映画のシルバー割引は60歳以上。

 これまで毎回、免許証を提示していたが、もう充分に年寄になって、免許証を見せなくても大丈夫なのではないかと思って、免許証を出さずに1,100円を出してみた。

 すると、「年齢の確認ができるものを見せてください」と言われてしまった。

 うけねらいで、「確認しなくても、わかるでしょう」と笑いながら言ってみたが、

「ダメです」めんどくさそうな返答。

 なごませようと思ったねらいが、みごとにはずれてちょっとムッとしかかったが、「若く見えるのかな」と勝手な解釈をして、うれしい気持ちで場内へ入った。

 映画の内容については、いつものごとく、ふれないことにするが、見に行って良かったなと思った映画でしたよ。

 

 

 

« 少し特別の1日 | トップページ | 台風21号、本州上陸 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)は台風一過 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「万引き家族」は観たいなと思いながら、結局、見ませんでした。

映画観てないから勝手な決めつけは良くありませんが、

「貧乏」「不幸」「子供の貧困」

の出てくる映画は見るのにかなりの勇気が必要です。

というのが、1990年頃までの「日本人総中流」と言ってた時代なら、平気で観れたのでしょうが、新聞で毎日

・子供虐待
・派遣職員の格差
・日本社会・経済の脆弱化

という記事を見てると、とてもじゃないけど映画館でまでそういう内容のは観たくないな、と感じるからです。

私は若い頃からテニスはするも見るのも好きで、松岡修造がラケットバッグ担いで世界転戦してた頃からの大ファンです。

修造が徐々にTVに露出し始めた頃に、子供たちに言ってました。

「日本は、今から先、本当に経済力が昔みたいに戻ることはない。

IT時代にそぐわない、アナログ天下の経営者ばかりじゃ、もう世界では戦えない。

一部の大都市以外は、慢性的な不景気が続く。

不景気な時代にこそ、熱いキャラクタ-が求められるから、修造の人気は近いうちに大ブレ-クする。

日本全体が好景気になることは、二度とないから修造人気は不変だ。」

幸か不幸か、17~8年前に子供たちに言ったとおりになってしまいました。

あのキャラクタ-は1980年代のバブル時代では、とうてい受け入れられなかったですね。

コメントありがとうございます。

 私も、タケ君さんと同じ理由で邦画はほとんど見ません。

 貧乏、不幸、貧困だけでなく、恋愛もの、社会派もの、邦画はほとんど見ません。

 (ただ、三谷幸喜の喜劇は見てますね。もうひとつアウトレイジも)

 同様な理由で、テレビドラマもほとんど見ません。

 実生活で悲しいことや苦しいこと、腹の立つことを経験しているのに、映画でまでにしんきくさいものはみたくないと思っています。


私も全く同じです。三谷幸喜とアウトレイジシリ-ズは大好きです。

特にアウトレイジの「登場人物、全員悪人」というのが素晴らしいですよね。

管理者殿は、ハリウッドコメデイの「裸の銃を持つ男」は観られましたか?

これは凄いコメデイです。

最初にギャグアイデアを考え、そのギャグシ-ンを繋げるために映画脚本が書かれたそうです。

古い映画ですから、ゲオかツタヤで108円で借りれますよ。

 1作はみたような気がします。

 ツタヤで借りてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「万引き家族」を見に行って、うれしかったこと。:

« 少し特別の1日 | トップページ | 台風21号、本州上陸 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)は台風一過 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ