« 悪徳不動産屋日記 台風一過 | トップページ | 悪徳不動産屋日記 先送りの悪癖  そして何時も天罰 »

2018年10月 2日 (火)

日馬富士 断髪式

 昨年11月に引退した元横綱日馬富士の引退披露大相撲が9月30日、東京・両国国技館で開かれていた。
 
 テレビおじさんのわたしであるが、私がこの話題をテレビで見たのは、今朝のワイドショーで短く紹介された映像のみ。

 貴ノ岩への暴行を加えたことによる引退ということで、単純に晴れやかなニュースとはならなかったのだろう。

 それにしても横綱を勤めた力士の断髪式。

 もう少し取り上げられてもよかったはずだが、同じ日に日本を直撃した台風24号と、貴乃花引退のニュースやった。

 間が悪くなると、こんなものだ。

 私は日馬富士は余り好きではなかったのだが、こうまで間が悪いと同情もしたくなったが、報じられている式の様子をみて安堵した。

 なんといっても元横綱である。

 ハサミを入れてもらった人は約400人。

 日馬富士に涙はなく、「第二の人生が始まる。泣くわけにいかないので」と笑顔で踏み出していった。

 さらにインタビューに答えた日馬富士の言葉に、私は感銘を受けた。

 「悔いのない素晴らしい18年間だったなと思います」と、第二の人生へ向けた前向きな発言。

 恨み言は一切なし。

 「誰かを恨んだり、何かしたかったとか全く思いません」

 「感謝とはこんな素晴らしいのか、と思うくらい感謝している。全てのことに」

 と、すがすがしい表情で語った。

 退職騒動の貴乃花についての質問に対しても、「私は相撲協会から離れてますので、しゃべる権利はありません」と穏やかに対応した。

 今後は見識を広げるため、ヨーロッパやアジアの歴史ある国を旅する計画を立てているそうだ。

 9月には、幼稚園から高校まで一貫の「新モンゴル日馬富士学園」を開校。教育者としてもスタートしているともいう。

 その学校では、あいさつも日本語を取り入れていて、「のちに、僕の高校から相撲取りが生まれれば」と夢を語った。

 起こした事件は褒められるべくもない出来事だったが、なんと見事な去り際。

 私は、好きではなかった日馬富士をいっぺんに見直した。

  日馬富士は、モンゴルと日本の友好の輪を拡げ、きっとすばらしい相撲取りを育ててくれるだろう。

 お疲れさま。日馬富士。

 そして、よろしく。日馬富士。

« 悪徳不動産屋日記 台風一過 | トップページ | 悪徳不動産屋日記 先送りの悪癖  そして何時も天罰 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日馬富士 断髪式:

« 悪徳不動産屋日記 台風一過 | トップページ | 悪徳不動産屋日記 先送りの悪癖  そして何時も天罰 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ