« 宮崎県人にはわからない令和(れいわ)のアクセント論争  | トップページ | 塚田国交副大臣の忖度発言 自分が忖度したということも事実ではないというのは論理破綻 »

2019年4月 3日 (水)

令和フィーバーで沸く。5月1日からは新天皇即位で、令和フィーバーは続く。

 新元号決定の数日前から決定後の今に至るまで、日本中が新元号の話題で沸騰している。

 新元号の「令和」を、私はすんなり受け入れることができ、今は心は平静になっている。

 しかし世間では、「令和」フィーバーはとどまるところを知らない。

 「令和」フィーバーに、統一地方選も、塚田国交副大臣の失言も、ゴーンさんの再逮捕も、近づく10連休も、他のすべての話題の影が薄くなっている。

 「令和」フィーバーで喜ぶ人、ほくそ笑む人、憂う人。

 いろいろあるが、4月30日の今上天皇の退位、平成最後の日と、5月1日の新天皇即位にあたっては、もう一度大きなお祭騒ぎになるのだろう。

 今上天皇は即位以来、ひたすらに国民の象徴たる立場を探り続け実践して来られた。

 ある意味、象徴天皇として、政治に一切関与できない立場であるからこそ、国民とともに喜びを分かち合い、国民と同じ目線までひざまづかれて、国民ともに嘆き、国民をなぐさめることに力を尽くしてこられた。

 人類至上最高の平和主義者であり、博愛の人であった。なにより戦争を否定されておられた。

 それは「反戦」という言葉のもつ強烈な反戦主義とは違い、ただひたすらに「戦争はいけない」という強い思いだったように感じる。

 今上天皇の思いは、きっと新天皇にも引き継がれていかれることだろう。

 この、今上天皇のご意志が、永久(とわ)に引き継がれていくことを祈念している。

 

« 宮崎県人にはわからない令和(れいわ)のアクセント論争  | トップページ | 塚田国交副大臣の忖度発言 自分が忖度したということも事実ではないというのは論理破綻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮崎県人にはわからない令和(れいわ)のアクセント論争  | トップページ | 塚田国交副大臣の忖度発言 自分が忖度したということも事実ではないというのは論理破綻 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ