« 熱中症は大丈夫? 昭和のおやじ、根性のエアコン無しの夜を楽しむ。 | トップページ | ひさびさのコメントに感謝してます »

2019年8月22日 (木)

あおり運転殴打事件の恐怖

 日本中が、茨城県常磐自動車道での、あおり運転殴打事件の男女容疑者を袋叩きにしてはしゃいでいる。
 
 冷静に考えると、今回の事件の主犯宮崎文夫容疑者の罪は、粗暴な運転をして恐怖を与えたことと、5発のパンチをあびせて軽症を負わせが、通常なら軽い傷害事件でしかない。

 宮崎といっしょに行動していた女・喜本奈津美は、軽い傷害事件を犯した自分の恋人を蔵匿、隠避しただけの、通常ならとるにもたりないような微罪でしかない。

 それなのに、こんな大騒動になっているのは、いかにも視聴者の興味を煽るようなシチュエーションの映像がしっかり撮影され、それが拡散されたせいだ。

 その映像を手に入れたワイドショーは、ここぞとばかりに、一斉に一大エンターティメントに仕立て上げて、二人の容疑者をさらしものにし続けている。

 二人の生い立ちから、馴れ初め、そして最近の生活まで、プライバシーを暴き立てている。

 しかし私は、こんな騒ぎにならなければ起訴にもいたらないような犯罪に対して、この狂乱ぶりの方が気味が悪い。

 確かに許しがたい犯罪ではあるが、この数百倍数千倍の重大犯罪であるにもかかわらず、マスコミがこれほど熱をいれて報道しない犯罪がいくつもある。

 オリンピックの錦の御旗を立てて数千億円の利権をかすめ取ったり、アメリカのチンピラ大統領に一兆円もの貢ぎ物をしたり、自分の友達の学校に数千億円の補助金の便宜を図って、その証拠を隠滅したり、世界に目をやれば、自国の利益のみを優先する世界中のマフィヤ的首長たちの傍若無人な所業、、無差別殺人に使われる銃器を規制しない大統領や、弱い者を自爆テロに追いやって無差別大量殺人させる偉い人。

 こんな大きな話を対比させるまでもなく、マスコミの今回の乱痴気騒ぎをみていて私が疑問に思うのは、池袋の暴走死傷事故の飯塚幸三犯罪者の取り扱いだ。

 母子をひき殺し12人もの人に重軽傷を負わせたながら、未だに逮捕もされないし、飯塚容疑者と呼ぶマスコミもいない。

 警察は、逃亡の恐れがないから逮捕しないなどと言っているが、大津の幼稚園児の列に突っ込んで園児の命を奪った事件に例を見るまでもなく、通常、死傷させるような大きな交通事故では、ほとんどの場合現行犯逮捕される。

 逃亡の恐れも、証拠隠滅の恐れもないから逮捕しないと言っているが、飯塚犯罪人は最初はアクセルが戻らなかったと言い、後ではブレーキが効かなかったといっている。

 わけのわからない見えない力で、証拠を捏造するのではないか。

 警察も特例扱なら、マスコミも特別扱。飯塚元院長なんてわけのわからない呼称を使っている。

 逮捕されるまでは容疑者扱にはしないというのが、その言い訳だが、京都アニメーション放火殺人事件では警察が逮捕状の請求の手続き前に実名と顔写真を公表している。

 私は、報道が今回のあおり運転殴打事件騒動を全国民的事件として仕立て上げられ手いるのをみて、国家権力とマスコミがタッグマッチで国民世論操作できるのだろうなあと、恐怖を感じている。

« 熱中症は大丈夫? 昭和のおやじ、根性のエアコン無しの夜を楽しむ。 | トップページ | ひさびさのコメントに感謝してます »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

10テレビの功罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱中症は大丈夫? 昭和のおやじ、根性のエアコン無しの夜を楽しむ。 | トップページ | ひさびさのコメントに感謝してます »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ