« 裁判員は拒否する | トップページ | 悪徳不動産屋日記 不要なカレンダー »

2019年12月16日 (月)

薬に頼らずに血圧を下げる ついに破れさることになった

 「薬に頼らずに血圧を下げる」ために奮闘努力していたが、ついに薬に頼ることになった。

 2年前に、血圧が高めであることに気がつき、運動と食事で血圧を下げてみることにした。

 ブログ内検索をしてみると、2017年2月1日にスタートしている。

 ジョギングを開始し、食事にも気をつけた。

 ブログのタイトルを見てみると、当初の2、3ヶ月は血圧が下がらずに弱気てなタイトルになっている。

 その後、成果が上がっていることを思わせるタイトルになり、5月2日に「一応の完結」のタイトルで、血圧が正常化したと書いている。

 その後、少々血圧が高くても気にしないでいたのだか、今年1月、久しぶりに血圧を測ってみたら、中度の高血圧の数値になっていた。

 それで、1月からウォーキングを始めた。

 過去に3度、血圧を下げるためにジョギングを始め、その延長で青島太平洋マラソンでフルマラソンを3度走ることになった。

 ハードな運動は体に悪いという節もあるので、寄る年波、今年はジョギングはやめてウォーキングにした。

 フルマラソンの練習をかねてのジョギングだと、足に負担がきて週に3度程度しか走れなかったが、ウォーキングだと体の負担が軽いので、週に4回から5回歩くようになった。

 しかし、今年はなかなか血圧が下がらなかった。

 それでも夏になると気候のせいもあって、正常値と軽度の高血圧の数値をいったりきたりする程度までは下がった。

 これならなんとか薬に頼らなくてもいいと思い、ウォーキングを続けてきた。

 ウォーキングだけでなく、血圧を下げるのにいいということをいろいろやった。

 食事では減塩。

 納豆。

 毎朝、黒酢を野菜ジュースにまぜたスムージー。

 アマニ油にオリーブオイル。

 DHAにEPA。

 血圧に良いというサプリメントもいろいろ試した。

 タオルグリップ体操。

 ふくらはぎ叩き。

 ふくらはぎ伸ばし。

 血圧にいいと言われることをは片っ端からやってみたので、血圧が下がったのはどれが効果があったのかわからない。た。

 しかし11月ころから、血圧が高止まりしてしてしまった。

 150台の後半と90台の後半ということが多くなってしまった。

 寒くなったせいだと思って、なんとか薬に頼らずに血圧を下げようと努力を続けてきた。

 しかし、5日前のこと、起床時の血圧がついに180を超す記録を出してしまった。

 したの血圧も110。

 何度も測り直したが、169の108程度しかならない。

 180を超す数値は1度きりだったが、その後も170前後と100前後の数値が頻発している。

 今朝も、起床時の最初の記録は179の110。

 血圧を下げる薬を飲むと脳梗塞になりやすいという節を説く医師もいるので、なんとか薬を飲まないで血圧を下げようと思っていたのだが、ここにいたっては薬の軍門に下るしかない。

 お付き合いいただいている先生に電話で相談したところ、すぐに来院しなさいとのことであった

 果たして、人生初めての定期的な服薬を受けることになった。

 人生で初めて、身体的に歳を感じた出来事だった。(思えばここまで病気知らずで、幸せなことだと変な実感)

 病院とは無縁の丈夫な体だけが自慢であっただけに、なんとも悲しい思いである。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 裁判員は拒否する | トップページ | 悪徳不動産屋日記 不要なカレンダー »

12健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判員は拒否する | トップページ | 悪徳不動産屋日記 不要なカレンダー »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ