« コロナばかりに目をやっていてはいけない | トップページ | 東日本大震災から9年 »

2020年3月10日 (火)

ついに出た1億%

 立川志らくさんが、奥さんの不倫疑惑報道に対して、(こんなことでの)「離婚は1億%ない」と断言していた。

 私が抱く語感では、可能性ガ無いということを表現するためには100%が最上級であって、100%以上は意味がない。

 絶対にないということを表現するのに「100%ありえません」と表現するのが普通だが、それを「100%ない」ということろを「200%ない」とか、100%以上の数字をあげて強調して見せるのだろう。

 印象に強いのが、大阪府知事選出馬を噂されていた橋下弁護士が、府知事選の出馬は「2万%ない」とまで言い切っていここと。

 橋下さんは、結局出馬して府知事に当選した。

 私は、それ以橋下氏の言葉を信用できない。

 しかし、口惜しいけど口が上手くて、どうやってでも自分を正当化してしまう。

 橋下さんの例にたがわず、その後も見ていると、100%を500%だの2万%だの数字を拡大して言うヤツは必ず約束を破る。

 ついに志らくさんからは1億%という大変な数字が飛び出したが、私はこの動向を注視している。

 私の理論がはずれるといいのだが。

 ※これは私の個人的感想で、橋下氏の人格や志らくさんの真意を証明するものではありません。

 

 

 

 

 

 

« コロナばかりに目をやっていてはいけない | トップページ | 東日本大震災から9年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナばかりに目をやっていてはいけない | トップページ | 東日本大震災から9年 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ