« 2週間新たな感染者は出ていないのに 宮崎県も休業要請 | トップページ | 特別定額給付金 5月7日(木)から申請受付開始  »

2020年4月26日 (日)

宮崎県の一番の繁華街「ニシタチ」の飲食店120店が廃業

 宮崎県でも、昨日、県から飲食店の休業要請が出された。

 宮崎県では、2週間、新型コロナウイルス感染患者は出ていないのだが、県外からの流入を恐れての対策だった。

 しかし、宮崎も安倍総理が7都道府県に緊急事態宣言を出してからは、開店休業だった。

   県から休業要請が出た同じ日の夜のニュースでは、宮崎市一番の繁華街・西橘通り、通称「ニシタチ」にある飲食店12店が廃業を決めていることが報じられていた。

 「ニシタチ」には約1200店の飲食店があるのだが、すでにその一割が廃業を決めたのだそうだ。

 「ニシタチ」は、宮崎県下で一番の繁華街で、当地(宮崎県の北端の町・延岡市)と比べると数倍にぎわっているように見えていた。

 その「ニシタチ」も、毎年少しずつ店が減っていたそうだが、飲食店組合はなんとか街を盛り上げようとして頑張っていたのだ。

 そこに襲い掛かった新型コロナウイルス。

 急激に店舗が減っていくのは悲しい。

 対岸の火事ではない。

 

« 2週間新たな感染者は出ていないのに 宮崎県も休業要請 | トップページ | 特別定額給付金 5月7日(木)から申請受付開始  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2週間新たな感染者は出ていないのに 宮崎県も休業要請 | トップページ | 特別定額給付金 5月7日(木)から申請受付開始  »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ