« 悪徳不動産屋日記 宅建士試験合格発表 | トップページ | 「フェイクニュース!フェイク!」と「答弁を控えさせていただきます」 »

2020年12月 4日 (金)

職業に貴賤無しとはいうが

 不倫騒動で6月から活動自粛している渡部健さんが、6カ月経った昨日、騒動後初めての記者会見を開いた。

 昨日からワイドショーと報道番組を装ったワイドショーニュース番組が多くの時間を割いて取り上げていた。

 今朝のワイドショーでは、会見の様子を詳細に報じていたが、一番賤しむべきは群がるレポーター群だと感じた。

 罪をみとめて縮こまって身をすくめている罪人を寄ってたかってなぶり殺しにしていさまに、私は吐き気を催した。

 これは以前に書いたことだが、「職業に貴賤はない」という言葉があるが、芸能れ倫騒動で6月から活動自粛している渡部健さんが、6カ月経った昨日、騒動後初めての記者会見を開いた。

 昨日からワイドショーと報道番組を装ったワイドショーニュース番組が多くの時間を割いて取り上げていた。

 今朝のワイドショーで各局が会見の様子を詳細に報じていたが、報道を見ていて、一番賤しむべきは群がるレポーター群だと感じた。

 罪を認めて縮こまって身をすくめている罪人を寄ってたかってなぶり殺しにしている姿に私は吐き気を覚えた。

 芸能レポータがやっていることは正義を正しているのではない。

 弱みを見せて逃げまわる者を追い詰め、さらし者にして、こづきまわしていたぶって、さらし者にすることによって自分の飯の種を得ているだけのこと。

 レポーターらに、正義も倫理もあったものではない。

 視聴率を稼ぎ、新聞雑誌の販売部数を増やすことが目的でしかない。

 私が不快なのは、正義面をしてレポーターどもが自分の飯の種のために弱い者をいたぶっていること。

 これは以前に書いたことだが、「職業に貴賤はない」という言葉があるが、芸能レポーターがやる、弱みを見せた罪人に襲い掛かっていたぶる所業は賤しむべき業である。

 手痛い反撃を食らうかもしれない強者に立ち向かってみよ。

 

« 悪徳不動産屋日記 宅建士試験合格発表 | トップページ | 「フェイクニュース!フェイク!」と「答弁を控えさせていただきます」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

10テレビの功罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪徳不動産屋日記 宅建士試験合格発表 | トップページ | 「フェイクニュース!フェイク!」と「答弁を控えさせていただきます」 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ