« オリンピック観客数制限は、最大数上限制限なしの50%まで | トップページ | 止められない強行開催 »

2021年6月18日 (金)

オリンピック開催 責任者不明

 コロナの終息は見えない。

 我が国の、当面の一番の問題はコロナだろう。

 しかし、国に確固たるコロナ対策の姿勢は見えない。

 そんな中で、うやむやにオリンピック開催は決定事項になってしまった。

 国民が何を言おうと、なにも変えられない。

 もうしばらくは何も言いたくないと思ってしまう。

 これが権力者の思うつぼ。

 ただはっきりしているのは、国が行っているコロナ対策は、すべてオリンピック開催に向けての対策であるということだ。

 

 

 オリンピック開催については、私の予測が少し外れていた。

 私は、観客数制限は観客数上限なしの50%にしたいのではないかと予測していた。

 しかし、どうやら1万人を上限にした50%制限に落ち着きそうだ。

 

 あとは、どうやって、だれがそれを推し進めるかだ。

 今、オリンピック開催方法と観客数を決定するにあたっての最終芝居が繰り広げられている。

 菅総理は、専門家の方々の意見を参考にと言う。

 それに対応しては、専門家といわれる尾身分科会長は、専門家有志で最終的な文言を詰めているという。

 ただ、その内容は文言になる前に、そこかしこで内容を振りまいている。

 いわく、「無観客での開催が最もリスクが少ない」「観客数が増えるほど対策の徹底が難しくなる」「その上で観客を入れるなら基準を厳しくすること」と。

 こんな意見なら、なにも専門家に言われるまでもなく、私でも思うこと。

 要は、「ボクはオリンピックを止める権利はないから無観客にしろとは言えないけど、無観客の方がいいと言ったよね」「あとは決めたあなたたちの責任だからね」という責任逃れの弁でしかない。

 こんなどうでもいい意見でも、総理は専門家が注意すればやってもいいというので注意してやったと言って、責任を免れるつもりなのだろう。

 微妙な和区割りブンタンを取り決めて、お互いに責任逃れの役を演じているわけだ。

 小池さんも微妙な役を演じ分けている。

 コロナ前は主催者としての権利を東京都知事と国で争っていた。

 特に小池都知事の強権的な姿勢が目立っていた。

 ところが新型コロナ対策となると、お国が決めることですからと逃げに入る。

 緊急事態宣言と取り扱いも、蔓延防止措置についても、国と地方自治体が互に責任を譲り合っていて、どちらが責任者なのかをわからなくしている。

 対立しているかに見せて責任者不明にするための猿芝居だ。

 

 ひとつだけはっきりしているのは、コロナ対策の措置のすべてがオリンピック開催を見据えて決められているということ。

 緊急事態宣言解除による、イベントの観客動員数の上限1万人がしかりだ。

 オリンピックとは関係ないというけれど、だれもそんなことは思わない。

 1万人まで入れるぞという意思表示がみえみえ。

 

 飲食店の時短要請は継続するが、種類の提供は19時までは認めるというのも、オリンピック選手団他関係者の施設内でのアルコール飲食を認めるための口実。

 これについても国は、必要とあれば地方自治体が種類の禁止を独自に定めても良いと、国民に対する責任追及を逃れる道を作りながら、オリンピック関係者のアルコール飲酒を可能にする方策だろう。

 

 オリンピックは開催する。観客は入れる。

 その決定のもとにすべては動いている。

 今やっているのは、責任者が誰かわからないように、それぞれの偉い人たちが役割分担をしているところ。

 かくして責任者不明のままにオリンピックが開催される。

 それを誰も止めらることはできない。

 

20210618_082854

 しあわせなやつら!

« オリンピック観客数制限は、最大数上限制限なしの50%まで | トップページ | 止められない強行開催 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリンピック観客数制限は、最大数上限制限なしの50%まで | トップページ | 止められない強行開催 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ