« マスコミは自民党政権を応援 失策を追及されていたはずの自民党に追い風 | トップページ | ずっと空いたままだった物件を取り置きしたとたんに内覧希望 »

2021年9月 8日 (水)

悪徳不動産屋日記 事故物件をリノベーション販売

 今月3日の、被相続人死亡日推定の記事をきっかけに、この数日長文のブログが続いている。

 似たことが重なるときは重なるもので、今日も長文になりそうだ。


 今朝、スマホに、朝日新聞デジタルの「事故物件 リノベーション販売」という記事が流れてきた。

 事件・事故、孤独死などで、いわゆる“事故物件”になった部屋をリノベーションし販売している不動産会社がある。

 なんと、社名は「成仏不動産」。

 殺人、事故死、孤独死した家をフルリノベーションして販売している。

 きちんとおはらいをしたうえで、壁紙や床、天井に至るまですべて張り替えている。

 白を基調とした、明るい部屋になるよう意識しているのだそうだ。

 ニュースでは、成仏不動産がリノベーションした部屋に住む人が取材に応じていた。

 その住人は都内在住の20代男性。

 「抵抗は全くなかったですね。衣食住の住って、コストになる部分だが、安価で生活のコストが抑えられるのでありがたい」と世論込んでいた。

 当然、安く仕入れた分安く販売しているのだろう。

 拙は、タダであっても住みたくないし、お金をもらっても住み続けることはできない。

 気にしない人にとっては、綺麗にリノベーションした家が安く手に入るお買い得物件なのだろう。

 

 そういえば、去年だったか週刊誌に信じられない記事があった。

 「座間 男女9人連続強盗殺人、強制性交、遺体損壊、遺体遺棄事件の部屋に住む住人」というような見出しだった。

 「座間、9人連続殺人事件」と言えば、忘れることもない凶悪事件だ。

 3年前の8月から10月のわずか2カ月の間に、SNSを通じて知り合あった男女を誘い出した9人を次々に殺害し、現金を奪うという事件だ。

 9人のうち男性は一人。女性には性的暴行を加えた後で殺害。

 9人の遺体は頭部のみが部屋に残され、頭部以外の遺体の他の部分は風呂場で解体し、密閉容器に入れてアパートから離れたゴミ置き場に捨てるという、猟奇的な凶悪犯罪で、今も記憶に新しい。

 想像するだに身の毛もよだつ、拙の常識では、さすがにこんな部屋を借りる人はいない。

 それどころかアパートの他の部屋も空きが多いだろう。

 ひょっとしたら建物を取り壊したのではないか。

 家主さんも被害者だと、家主さんに同情していた。

 その部屋を借りて住んでいるという人がいるというのだ。

 信じられずに週刊誌を買って読んでみた。

 なんと住人は顔出しで取材に答えていた。

 住人の回答は、「事件は気にならないから、家賃が安いので借りた。家賃が安いから助かっている」というような内容だった。

 拙の記憶では、安いというのは、家賃が7割引きか8割引きになっているのかと思ったのだが、3万円だった家賃を2万2千円くらいにしたというくらいの値引きだった。

 部屋全体をリノベーションして、遺体を解体した風呂場は取り壊して新しくしたのだろうが、恥ずかしながら拙は、その部屋に入ることは断固拒否する。

 拙が、家主さんに入居者募集の依頼を受けるようなことがあったら謹んでお断りする。

 こんな部屋でも、3割引きくらいすれば借りる人がいるのだから、これに比べたら孤独死なんてどうってことはないし、自殺した部屋だってこれよりましだ。

 

 成仏不動産の社長さんは「事故物件で困っているオーナー様を助けたいというテーマで事業していて、悪いイメージを持たれているケースがあるので、イメージを一新するようなリノベーションをして、世の中に発信していきたい」とおっしゃっていたが、おみごとだと敬服する。

 

 でも、「困っているオーナーを助けたい」というのはきれいごとすぎやしないかなとは感じます。

 やりたがる人の少ないビジネスだから、独占的にしっかり儲けておられることだと思います。

 かといって拙は、どんなに儲かるとしても、絶対にできない仕事です。

 それを一手に引き受けようという取り組みには頭が下がります。

 

 ビジネスの成功者たるもの「世の中のお役に立ちたい。困っている人を助けたい」というのがセオリー。

 決して、「誰もやらないから儲かると思って始めた」などと言ってはいけない。

 拙は、お客さんから「こんなに希望どおりの物件を紹介していただいてありがとうございます」とか感謝の言葉をもらっても、「いえいえ、私もしっかり手数料をいただいて儲からせていただいてますので」なんて言ってしまう。

 それが、拙が悪徳不動産屋であるゆえんなんだなあ。

« マスコミは自民党政権を応援 失策を追及されていたはずの自民党に追い風 | トップページ | ずっと空いたままだった物件を取り置きしたとたんに内覧希望 »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスコミは自民党政権を応援 失策を追及されていたはずの自民党に追い風 | トップページ | ずっと空いたままだった物件を取り置きしたとたんに内覧希望 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ