« 悪徳不動産屋日記 買わないお客に不快な顔をしてはだめだよ | トップページ | 二つの殺人関連裁判を拙は絶対に認めない »

2021年11月 3日 (水)

腰痛で弱気のムシが

 このところ、腰痛に悩んでいる。

 もともと腰痛は持病で、何十年にもわたってずっと折り合いをつけながら生きてきた。

 しかし、数年に一度耐えられないほどの腰痛を引き起こす。

 いわゆるぎっくり腰のひどいやつだ。

 先々週の土曜日の朝、ちょっと腰にピシッと痛みが走った。

 まずいなと思ってその日1日、腰に負担をかけないように気を付けて過ごしていたのだが、夜になって激痛に変わった。

 痛みで立つこともできず、座っていてもいたい、横になっても痛い。

 座ると立ち上がることもできず、横になろうとしたのだがそれも痛くて寝ることもできない。

 なんとか横になったものの、寝返りをうつこともできない。

 身体を起こそうとすると激痛。

 一度、痛みの少ない態勢を見つけたら、そのままじーっとしているしかない。

 安静にして痛みが治まるのを待つしかないとあきらめて、なるべく痛まない姿勢で眠くなるのを待った。

 なんとか眠りについたと思ったら、寝返りをした時に痛みでが目が覚めてしまう。

 朝、体を起こそうとすると激痛。

 なんとか這うようにしてトイレを済ませて、日曜日はずっと寝たまま、安静にしていた。

 月曜日、痛みは少し収まったが、満足には歩けない。

 よって臨時休業。

 火曜日は、歩くのは痛いし、姿勢をかえるときに激痛が走るが、なんとか動けるようになったので病院に駆け込む。

 最近評判の井上整形外科。

 うわさ通りの繁盛ぶりで、待合室は患者であふれている。

 座ってしまうと立ち上がるのが大変なので、立ったまままつことにする。

 ようやく順番が来て診察してもらった。

 いつも混雑をさばいているだけあって、スピーディーでてきぱきとした診察。

 今回の拙のぎっくり腰の症状については、筋膜性腰痛との診断。

 拙にとっては初めての納得のいく診断だった。

 納得のいく説明だったもので、すぐに痛みが止まったわけではないが精神的に落ち着いたせいか、激痛が耐えられる痛みに変わった。

 すぐには治らないかもしれないが、痛みと折り合いをつけていけば回復すると納得。

 腰痛以外に大きな病気やケガに縁がないことが拙の自信で、年のことは気にしたことがなかったのだが、今回の腰痛はその自信がゆらぐ出来事だった。

 まだ痛い。

 なんとか折り合いをつけられる痛みに治まって、もとの生活に戻れることを願っている。

« 悪徳不動産屋日記 買わないお客に不快な顔をしてはだめだよ | トップページ | 二つの殺人関連裁判を拙は絶対に認めない »

12健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪徳不動産屋日記 買わないお客に不快な顔をしてはだめだよ | トップページ | 二つの殺人関連裁判を拙は絶対に認めない »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ