« アベノマスク | トップページ | 健康食品にひそむ罠 »

2021年12月15日 (水)

拙は、「自画じいさん」

 現在拙宅は、拙と家内の二人暮らし。

 二人暮らしだが、夫婦の会話がとぎれることはない。

 拙は人見知りなのだが、周りの人はそれを認めてくれない。

 実は拙は人見知りで交際範囲が極端に狭い。

 人見知りで引っ込み思案で知らない人と話すのが苦手で、その反動で親しくなった人を相手にしたときはおしゃべりになる。

 拙と付き合いのある人は、反動でおしゃべりになった拙しか見ていないので、拙が人見知りで引っ込み思案でおしゃべりが苦手だと言うと、そんなことはないととりあってくれない。

 ただ自分のことは自分が一番知っている。拙が人見知りで引っ込み思案なのはまぎれもない事実なのだ。

 拙がおしゃべりになるのは、相手が親しい人の時に限っている。

 気兼ねをせずに話せる相手が少ないから、話せる相手を目の前にするとおしゃべりになってしまうのだ。

 そんな拙が一番親しくつきあっているのは、とりもなおさず家内である。

 だから、家で家内と二人っきりの時は会話がとぎれることはない。

 娘に言わせると、夫婦ともに相手の話は聞かずに勝手にしゃべりまくっているのだそうだ。

 拙のまわりの男たちは、拙がそんな話をすると、「女房と二人きりでどんな話をするのだ」と聞いてくる。

 知人一人に、温泉が好きで毎週休みの日には近場の温泉に一泊で出かけている男性がいる。

 行先は大分、別府方面が多いくて、移動は奥さん運転の車。

 道程の1時間余、行の車の中での会話は、「昼飯はなんにするか?」だけだという。

 一泊するのだが、食事の時もとりたてた会話もないそうだ。

 彼は自営業で、奥さんもいっしょに仕事をしている。

 何十年も朝から晩まで一緒にいるから話すことはないというのだ。

 もう1人よく顔を合わせる知人男性がいる。

 彼も個人会社の経営者。

 仕事で福岡に出張することがあって、奥さんの運転で行くことがあるそうなのだが、彼も「車中の会話は無い」と言っている。

 彼の奥さんに、「福岡まで4時間なんにもしゃべらないのは苦痛じゃないですか」と聞くと、「24時間仕事中も一緒にいるので話すことはない」と、これまた前出の知人と同じ理論である。

 拙の家庭は、仕事の時間は夫婦が別だから、たまに会ったときは話しがあるのだという。

 説明するのも面倒だから、それには反論しなかったが、それはちょっと違うのだ。

 家内も、人からは「人当たりが良くていい人」ということになっているが実は内向派。

 人に気を使うタイプなのだ。

 拙も、内向派。加えて軽いアスペルガーの傾向があって、知らないうちに相手を怒らせたり傷つけたりする言葉を発することが多々ある。

 拙は、福田康夫さんと同じくらい自分を客観的に見ることのできる体質も持ち合わせているので、拙のアスペルガー的行動について自覚があり、反省をすることたびたびなのである。

 欠点を自覚しているからこそ、見ず知らずの人には気を使う。それで付き合いの浅い相手には気軽に話ができないのだ。

 そんな二人がまったく気を遣わずに話ができる相手だからこそ、夫婦間では遠慮なく日頃溜め込んでいる不満だったり怒りだったり、面白いと思った話だったり、とりとめのないことが吐き出しているのだろう。

 まったく相手のことには気を遣わずに、自分の話したいことだけを話しているのだ。

 それを見て娘は「あんたらのは、会話になっていない。相手の話を聞かずに自分勝手に話しているだけ」と笑うのだ。

 ときどき自分たちでもそれに気が付いて大笑いすることもある。

 勝手な話をしているわけだが、家内は拙の話を「自慢話ばかりだ」とよく言う。

 拙は、事実う事実のままに話しているのだが、家内にとっては自慢話のように聞こえるらしい。

 そんなとき拙は、「拙の普通の行動が人から見ると自慢に見える素晴らしい行動なんだろうな」と言う。

 すると家内は、「それが自慢してるってことよ」と言う。

 そして今朝はこう言われた。「あなたは『自我じいさん』じゃわ」

 「うまい!」

 拙は客観的に物を見ることのできる男!家内に座布団1枚!

 ということで今日のブログ。

 

« アベノマスク | トップページ | 健康食品にひそむ罠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノマスク | トップページ | 健康食品にひそむ罠 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ