« 脊柱管狭窄症再発 回復中 | トップページ | アベノマスク »

2021年12月13日 (月)

朝のウォーキング参拝は7時までに!

 久しぶりに、歩いて朝の神社参拝をしてきた。

 先々月、ぎっくり腰をやって10分以上は歩けなくなった。

 それ以来、ウォーキングアプリで確認すると一日の歩数は2000歩足らずしか歩いていない。

 秋の陽はつるべ落としというが、人生の秋の体力もつるべ落とし。

 2カ月くらい体を動かさないでいただけで、足腰が弱ってきたのを実感していた。

 加えて心肺機能も落ちたようで、自宅に階段の上がり下りに息切れを感じるようになってきた。

 今回のぎっくり腰では、いい病院に出会って、このところ、腰の調子がずいぶん良くなってきた。

 軽くウォーキングでも始めようかなと思っていたのだが、今朝は、ちょっと早めに目が覚めたのでウォーキングがてらに歩いて今山神社参拝に出かけてみた。

 6時半、自宅を出ると通りには歩く人はいない。

 神社の入り口の大鳥居まで自宅から徒歩で2,3分。

 大鳥居をくぐると、社殿まで長い昇り階段。

 息を切らしながら誰もいない深い森の木々に囲まれた長い石段を登るのだが、それがなんとも気持ちがいい。

 その気持ちよさを味わいたくて、今年のその日から今日まで毎日朝の参拝を続けていたのだが、お世話になっているお医者さんから、年をとっての階段登りは膝に悪いと言われてやめていた。

 久しぶりの朝の参拝。

 冷たい空気が体中の悪い空気を入れ替えてくれるようで気持がいい。

 参拝が終わると7時をまわる。

 7時過ぎると通りを人が歩き出す。

 当地(宮崎県の北端の町・延岡市)のような田舎町では、通勤にはほんとどの人が車を使うので、歩いているのは、神社から100mくらい先にある、わが母校岡富小学校に登校する小学生たちだ。

 それに交じって岡富中学の生徒と自転車通学の高校生だ。

 通りを人が歩きすと困るこのが、横断歩道でしっかり信号を守らなくてはいけなくなること。

 拙は、見通しのいい横断歩道では、車の姿が見えない時は赤信号でも平気で道を渡ることにしている。

 拙は、信号は自分の身の安全のため設置しているものだと理解している。

 人が車にはねられないように赤信号で車を停め、その間に人が道を横断するというのが信号の役目だ。

 当地のような田舎町では、幹線道路以外の道では、信号が2、3回変わる間にまったく車が来ない道がある。

 早朝や、夜ともなると、10分以上車が通らないこともざらだ。

 車の影も形もないのに、横断歩道の信号が赤だったら止まらなくてはならないという規則にしばられるのは不合理だと思っているのだ。

 だから拙は、安全が確実に確保される状況においては、臆することなく赤信号を無視することにしている。

 IPS細胞でノーベル賞を取った山中教授が、高校生を前にした講演で「(山中教授が)高校生の時代の先生から、絶対に車の来ない道路の横断歩道で、赤信号を守るような人間になるな」と言われたというような話をしているのを聞いて、拙は「そうだ!そうだ!」と自分の行動に自信も持ったものだ。

 ノーベル賞をもらった人が言っているから正しいというわけではないが、拙は、完全なる安全が確保されと判断した場合は赤信号は無視することにしている。

 これは拙の主義であり、それが正しいと思っている。

 しかし、小学生・中学生の前では違う。

 小学生・中学生の姿が見えるところでは、拙は、こんなのおかしいなと思いつつ、不承不承ではあるが信号が変わるのを待つことになる。

 そんなときの写真がこれだ。

20210513_072210_20210514180901

 絶対に車が通ることのない道路で、小学生のグループが赤信号待ちをしている。

20210514_064044_20210514180901 

 この横断歩道の道幅は4mくらい。

 この横断歩道から左側は商店街となっていて、車は進入禁止。

 だから、この横断歩道に向かって車が突進してくることはない。

 ただし、商店街の中に商品や荷物を搬入するための許可車両は通行できる。

 めったに車が通ることはないが、たまには通ることもあるから念のために歩行者用の信号機がついているのだろう。

 拙の自宅兼事務所は、この横断歩道から100mくらいのところにある。

 拙は、この横断歩道をよくわたっているのだが、小中学生がいないときはこの信号はまったく無視している。

 拙がこの信号を車が通っているのを見たのは、この数年で1度だけ。

 恐らく、ここを出入りする車のための信号機なのだろう。

 だから、人間の安全を考えてのことであれば、ちゃんと状況を観察すれば無視していい信号なのだ。

 固くそう思うのだが、でも拙は、小中学生が信号待ちをしているときは、子供たちの後ろでじっと耐えて信号が青に変わるのを待っている。

 それが嫌で、以前朝の神社参拝をしていたときに、参拝は7時までにすませていたのだったなあ。

 

« 脊柱管狭窄症再発 回復中 | トップページ | アベノマスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脊柱管狭窄症再発 回復中 | トップページ | アベノマスク »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ