« ショートスリーパー? | トップページ | 情報が正確のは安心だけど »

2022年5月 4日 (水)

久々に、近場の遠出

今日は、通潤橋の放水を見に行ってきた。

20220504_130304

行動制限無しのゴールデンウィークという掛け声に乗らされたわけではない。

通潤橋は、当地(宮崎県の北端の町・延岡市)から車で1時間半くらいの、お隣の町熊本県山都町にある。

通潤橋は水不足に悩む地区に水を送るための水道橋で、放水を行うのは水路内にたまったゴミや泥を排出するため。

12月から3月は橋の石材の凍結防止のため放水は行われない。

4月に放水を行うが、ゴールデンウイーク明けの5月9日から7月下旬までは農地灌漑のため放流は行われない。

私が最初に通潤橋の放水を見たのは中学校の修学旅行。

それ以後2度見に行ったことがある。

今年は、熊本大震災やその後の豪雨災害でここ数年中断されていた放水が久々に行われているということ。

見に行ってみたいなと思っていたところ、ゴールデンウイークが終わるとしばらく見られないというので、今日行ってみた。

風もなく穏やかな天気で人出は多かった。

ちょっと良かった、近場の遠出。

 

ちなみに、熊本県公式観光サイトには、こう紹介されている。

嘉永7年(1854年)、水不足に悩む白糸台地に水を送るため、矢部の惣庄屋・布田保之助によって造られた日本最大級の石造りアーチ水路橋です。
水路の長さ126m、橋の長さ75.6m、橋の幅6.3m、橋の高さ20.2m、アーチの半径27.6m。約6km離れた笹原川の上流から水を引き、水路の総延長約30km、灌漑面積は約100haにも及びます。一昼夜で15,000平方メートルの水を送り、水田を潤す力を備えています。1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定され、豪快な放水は有名です。

 

 

« ショートスリーパー? | トップページ | 情報が正確のは安心だけど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショートスリーパー? | トップページ | 情報が正確のは安心だけど »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ