« 生まれて初めて年齢を感じたこの数日 | トップページ | 8月1日 いつになく楽しい月の始まり »

2022年7月31日 (日)

今月4回目 久々の更新

先週、インターネットで来年の手帳の広告配信されてきた。

それで改めて思い知らされたが、7月も今日が最終日。

自分のブログを振り返ってみると、今月の更新は3回のみ。

以前は、ブログのトップページに「ほぼ毎日更新しています」と書いていたのだが、数年前に、言葉に偽りありと感じるような状態になったので「ほぼ毎日更新」を削除した。

それでも、内心「ほぼ毎日」を目指していた。

1週間くらい更新をさぼると、私の定期購読者I先生から「更新がない。どうなってるんだ」と督促のメールが入るので、督促のメールをもらう前に更新しなくてはという動機づけになっていた。

しかし、そのうちに督促を受けても更新する気力わかず、今月の履歴を見返すと今月の更新はたった3回。

さすがにI先生からの督促メールも無くなっていた。

生涯現役で仕事をやるぞとおもっていたのだが、このところなんにつけても意欲が落ちてきて、自分で設定した締切日は意識しているのだが、あっという間に時間が経過してしまっている。

医師や医療関係者が認知症の判定をするときに、「今日は何月何日ですか?」とか「今日は何曜日ですか?」という質問をする。

不動産業をやっていて、高齢の売主が高齢の場合、司法書士が売主様の認知確認をするのに立ち会ったこともある。

その時にも、日にちとか曜日の質問に加えて、「生年月日を教えてください」「生まれ年の干支は何ですか?」とかいう質問をしていた。

私はそのお客さんと話をしていてまったく認知に不安を感じることはなかった。

その方は体が不自由になって施設に入っておられて、経済上のことで、子供さんから相談があって私が家の売却の依頼を受けた。

90歳くらいの方だったので、依頼を受けた際に私が子供さんと施設に行って売却の意思を確認させてもらった。

足と半身が不自由で車いすでの生活になっていた。

「〇〇さん。家をお売りになりたいということですけど、よろしいのですか?」と尋ねてみた。

すると、「ほんとは子供にこの家を残してやりたかったのだけど、私に甲斐性ないから売らなくてはいけなくなった。子供に申し訳ない」と言っておられた。

子供さんも、「お母さんそんなこと気にしなくていい。家を売るのはさみしいだろうけど、僕が近くにいてやれないから、ここでゆっくり療養したほうがいい。僕こそすまない。」と言っておられた。

売却の依頼を受けたら媒介委任状をいただかなくてはならない。

手も不自由だと思って、息子さんに代筆を頼もうと思った。

すると、「まだ字くらいは自分で書けますよ」と言って、時間はかかったが、一文字一文字丁寧に住所も氏名も記入された。

私よりはるかなきれいな字だった。

依頼を受けた家の売却が決まり、所有権移転登記に際して司法書士の委任状に署名印鑑をいただくために、司法書士に施設に出張してもらった。

司法書士には、高齢で体は不自由だが頭はしっかりしているという説明はしていた。

しかし、司法書士は司法書士の職務として認知機能の確認の質問をした。

その時の質問は、前記のごとくのような質問だった。

私はいっしょにいて、いたたまれない気持ちになった。

医者や医療関係者、司法書士や弁護士といった士業の方。どうして決まりきった定型の質問をするのだろう。

私は手前味噌で言うのではない。

私は、ほんとうに所有者が不動産を売ることを納得されているかを確認する質問をすることしかしない。

「はじめまして。〇〇様でまちがいないですか。」

そして、保険証等で本人確認をして売却の意思を確認する。

そんな話をしながら、認知機能に異常はないかは確認できる。

 

101歳まで生きられた詩人柴田トヨさんの「くじけないで」という詩集に「先生に」という題のこんな詩がある。

先生に
         柴田 トヨ

私を おばあちゃんと呼ばないで

「今日は何曜日?」
「9+9は幾つ?」
そんな バカな質問もしないでほしい

「柴田さん
西条八十の詩は好きですか?

小泉内閣をどう思います?」

こんな質問なら
うれしいわ

 

私もそう思う。

 

久しぶりのブログ。

最近、高齢の方が書いた本を何冊か読んだ。

皆さん、ツイッターやブログをやっておられた。

そんな先達に触発されたせいか、久々のブログはちょっと長くなってしまった。

 

 

« 生まれて初めて年齢を感じたこの数日 | トップページ | 8月1日 いつになく楽しい月の始まり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生まれて初めて年齢を感じたこの数日 | トップページ | 8月1日 いつになく楽しい月の始まり »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ