« デジャブな話 | トップページ | 間違っていたセコロジー »

2022年8月 5日 (金)

知り合いだったかな?

今、私は整形外科に通っている。

評判のいい病院で、待合室はいつもいっぱい。

この年になると、知りあいにもよく出会う。

そんな人には、「おっ。ご同輩。あなたもですか。」と、なせかちょっとうれしくなって声をかける。

しかし、みんなマスクをかけているので、知りあいではないのかなと思いつつ声をかけないままの人もいる。

そんな待合室でのこと。

「まつもときよしさん」という受付からの呼び出しの声。

どこかで聞き覚えのある名前。

どなたか知り合いではないかと周りを見回した。

すると、私と同年代の小柄な男性がたちあがり、「大きな声でフルネームでよびださないでよ」と受付の女性に近づいて行った。

「あっ。マツモトキヨシ」

知りあいではなかった。

あの「マツモトキヨシ」だった。

 

 

 

 

« デジャブな話 | トップページ | 間違っていたセコロジー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デジャブな話 | トップページ | 間違っていたセコロジー »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ