« 思わなくなったわけではない | トップページ | 悪徳不動産屋日記 相続登記義務化 »

2023年12月 1日 (金)

師走 ついたち

12月1日。

今年も残すところ1カ月となった。

テレビでもラジオでも、出演者全員が「あっという間に、今年もあと1カ月になってしまった。」「年々、1年が過ぎるのが早く感じるようになってきた」なんて言っているが、私はこの人たちの数倍速く時間が過ぎてしまったような気がする。

仕事机の周辺のあちこちに、去年の暮れに片付けようと思っていた資料や書類、本、その他の品々がさらに数を増やして積み重なっている。

積み重なった品々と反比例するかのように、ブログの更新は減少を加速している。

きょうは、ついたち。

いつものごとく、ついたちの恒例行事。

気をとりなおして久々にパソコンのキーボードをたたいている。

それにつけても、世界で繰り広げられている悲惨な虐殺や、限りない欲望の限りをつくす権力者たちの所業を、どうすることもできず、心を痛めることくらいしかできないことに、物を言うこともはばかれるこのごろである。

悲しく苦しく、思いニュースを見たくないということで、ニュース離れがおこっているという。

私のせめてもの償いは、泣き叫ぶ子供たちから目をそらさないこと。

 

そして、無力感に押しつぶされて黙ってしまうことをやめないといけないのかもしれない。

思わないわけではない、言いたいことは山ほどある。

 

 

 

« 思わなくなったわけではない | トップページ | 悪徳不動産屋日記 相続登記義務化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思わなくなったわけではない | トップページ | 悪徳不動産屋日記 相続登記義務化 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ