ニュース

2022年2月14日 (月)

「こうのとりのゆりかご」の慈恵病院の「内密出産」

「こうのとりのゆりかご」で知られている熊本市の慈恵病院は、予期せぬ妊娠をした女性の「孤立出産」を防ごうと、病院以外に身元を明かさず匿名で出産する独自の「内密出産」の制度を導入している。 

去年12月に「内密出産」を希望する女性が出産した。

病院は、内密出産を希望した西日本在住の10代の女性が出産した赤ちゃんについて、女性に育てる意思があるかメールや電話で確認を続けてきました。

しかし、女性は「自分よりも特別養子縁組をした親が育てたほうが幸せになれると思う」などと話しており、病院は女性の希望を踏まえ、赤ちゃんの出生届の欄を空欄のまま出生届を提出する考えになった。

病院は、赤ちゃんの出生届について、親の欄を空欄にして出生届を提出しても法律に抵触しないか確認するための質問状を熊本地方法務局に提出し、法に抵触しないという法務局からの回答が得られれば、早くて今月14日にも提出することにしていた。

それについて熊本地方法務局は10日、「(病院側の質問については)回答しかねる」と文書で回答した。

ただし、(病院が)出生届を出さない場合は市長の権限で戸籍が作れる」との認識も示した。

なんとも、まだろっこしい回答だが、結局は慈恵病院の質問にある「親の欄を空欄にして提出すること」が法に抵触するかどうか戸籍法の条文では判断できないということなのだろう。

日本は法治国家であるから法律をつかさどるものは法律の条文に照らし合せてでないと判断できない。

それを踏まえると、質問に対する答えは「回答しかねる」ということになるのだろう。

その上で法務局は、なんらかの理由がある場合(例えば捨て子とか?←これは私の推測)市長の権限で戸籍が作れるという法的制度があるということを指し示したのだろう。

これに対して病院側は出生届の提出を見送り、市と対応を協議する考えを示した。

これは誠に順当な流れだ。

おそらくこの赤ちゃんは、市長の権限で戸籍を作ってもらえることだろう。

(ここまで、「だろう」「だろう」の連続で、今日の話は私の推測の域の話です)

まだろっこしいようだが、法治国家においては法律を情状で勝手な解釈ができることのほうが国民の安寧を乱すことになる。(勝手な憲法解釈がまかりとおったら、こまることになる)



20220215_091226

2021年9月15日 (水)

池袋暴走母子殺害事故の飯塚幸三が控訴しないことを表明 収監されることなく幕引き

池袋暴走母子殺害事故で禁錮5年の実刑判決を受けていた飯塚塚幸三が控訴しないことを明らかにした。

高齢と病気を理由に、実刑判決が確定しても収監されないとの見方もあるが、判決が懲役ではなく、刑務作業をしなくてもいい「禁固」のため刑務所に入っても問題ないという見方が強く、刑の執行停止は考えにくいという見方が多いようだ。

執行停止ならば、母子2人を殺害し9人に重軽傷を負わせた重大事件を起こしたにも関わらず、一度も身体を拘束されることの無いままの決着になる。

なんとしてでも、1度は収監するべきだろう。

2021年5月 5日 (水)

トランプ前大統領が地球を破壊する。

 世界が破壊される。

      Photo_20210505182101

 アメリカのトランプ前大統領が、「ドナルド・トランプの机から」という、自身のホームページを立ち上げた。

 「自由ののろしが上がる」

「自由に、そして安全に言論できる場所」

「ドナルド・トランプの机から直接」

「アメリカを守れ」

 との声明が並んでいる。

 今回新しく解説したホームページでは、前大統領からは動画や文章でメッセージが発信されるが、読者からの書き込みはできない。

 トランプ前大統領は、その発言をめぐって、ツイッターやフェイスブックからアカウントを凍結され、発信が制限されてきた。

 高齢で心配だったバイデン新大統領だが、コロナ対策、対中国政策と言う2つの政策を見る限り、的確で納得できる運営をしている。

 トランプ全大統領には常識が通用しない。

 あることないことを発信するだけではなく、 有るものを無いものとし、無いことをあることのように発信する。

 理論も、根拠もない。

 あるのは自身の利を得るためだけの思いつきの言動。

 それを強行するから質が悪い。

 やっとアメリカが正常を取り戻し、コロナとの戦いに向かって世界がひとつになりつつあるところに、またしてもトランプウィルスをまき散らし、世界を壊滅に向かわせるのか。

2021年3月18日 (木)

送別会、歓迎会、花見、みんなで出かけよう!   山梨県知事の意見 その通り!

 解除ありき。国民のだれもが予想していた通り、リバウンドの不安を抱えたまま、一都三県の緊急事態宣言は解除された。

 テレビ報道で見る東京を代表とする1都三県の様子は緊急事態宣言解除の効果をまったく感じさせない人出である。

 解除宣言解除の決定で、明後日からの連休はいつも以上の人出が予想される。

 あっというまにリバウンドすることは目に見えている。

 経済を停めないために緊急事態宣言を解除するのは結構だが、一都三県の人たちが全国に繰り出すことを厳しく規制すべきだ。

 先日、長崎幸太郎山梨県知事が「送別会、歓迎会、お花見については、山梨県の感染状況が収まっているので、ぜひ大いに行って頂きたいと思うが、感染拡大リスクも引き続きあるので、こういう形で気をつけて頂いて会を催して頂きたい」と呼びかけた言葉が問題になっていたがそれは実に的を得た意見だと思う。

 山梨県の新規感染者は今月に入って9人。12日現在の病床使用率は1.1%、重症者はゼロです。

 ちなみに、当地宮崎県も今日で連続16日、コロナ新規感染者ゼロである。

 九州では、鹿児島県を除く6県では新規感染者ゼロの日が続いている。

 最大の新規感染者の発症地域である一都三県では、緊急事態宣言をそっちのけで町に人が繰り出している。

 大都会で人口が多いことに加えて若者が多いことで、外出自粛の呼びかけもよそに街には人が溢れている。

 一方の、感染者ゼロを続けている地方都市の飲食店街は閑散としている。

 地方都市の住人、いわゆる田舎者はなんとも従順なのだ。

 東京に根城をかまえるテレビ局から自粛を呼びかけるコロナ報道に対して、純朴な田舎者は従順に従っているのだ。

 山梨県知事の呼びかけは、そんな事情を踏まえての言葉なのである。

 感染ゼロを続けている地域にはコロナウィルスは存在しないのだ。

 感染者がいないはずの街の、すれ違う人もめったにいない通りの中を、人はマスクをかけて歩いている。

 私は、街を歩くとき、周囲にまったく人がいないときにはマスクは外している。

 しかし、100m先に人の姿が見えると、その人は必ずマスクをつけている。

 感染者が半月以上出ていない街で、100m先まで人の姿が見えない状況でも、人は律儀にマスクを着けている。

 山梨県知事は、現在の県内の状況であれば感染の危険は少ないから、歓送迎会、花見は差し支えないよ。

 注意をしながら、街に繰り出しましょう、と呼びかけたわけだ。

 感染者がゼロナノは、緊急事宣言の効果で一都三県の人が地方に繰り出していないからだ。

 新規感染の止まらない東京では、自粛の要請を無視して人が街にくりだしているのに、感染の心配のない地方の人たちが街で引きこもっている必要はないよと言っているである。

 知事の発言に対し、加藤官房長官は11日、歓送迎会や花見などについては自粛を求めていると苦言を呈した。

 それに対して、長崎知事は真っ向からこう反論した。

 「政府がやるべきことは、田舎の歓送迎会にいちいち口出しすることではなくて、もっと大きなことに気を配って頂きたい。そもそも感染防止対策の最前線の責任は各県の知事にあるわけですから、我々山梨県の(感染)状況を見て、歓送迎会、お花見は全く差し支えないと、注意をしながらであれば差し支えないと、そういう話をすることのどこが悪いんだ」と。

 山梨県も無条件での会食を認めているわけではない。特に3〜4月の会食については、短時間で飲み過ぎない、席は斜め向かいかパーテーション越し、移動やお酌はしないなど、細かいルールを設けています。

県では、飲食店に対し、独自のガイドラインを設けています。

 東京のレインボーマークは自己申告制だが、山梨では県が店の感染対策を実際に調査して『グリーン・ゾーン認証』というお墨付きを与えている。

 山梨の飲食店関係者も、「山梨のやり方だと、客も安心する。自主管理で感染対策をやっていると、自己満足になる。完璧な認証ステッカーなので、客も店も安心だと思う」と言っている。

 実にそのとおりではないか

 国が率先して悪者になって、こう宣言することだ。

 「非常事態宣言は解除する。一都三県の方々は送別会、歓迎会、花見に繰り出してください。緊急事態宣言のせいで一都三県の飲食店をはじめとして様々な業種が困難に陥っています。一都三県内のお店をどしどし利用してください。ただし、非感染地域の地方都市に出かけることは帰省します。」と。

 新型コロナ感染が拡大したのは、あきらかにGO TOトラベルの影響だった。GO TOトラベルは、国が半額を負担するからみんなで地方都市に金をばらまきにいきなさいという政策だった。

 当地宮崎県でもクラスターが発生したが、感染経路をたどるとその原因のほぼすべてが東京、大阪、福岡関連からの感染だった。

 東京、大阪、福岡からの来訪者と接触した人、もしくは東京、大阪、福岡に出かけて帰ってきた人が感染し、その人たちと接触したことによってクラスターが発生した。

 国は、非常事態宣言の解除と同時に観光、飲食、遊興の地産地消を命じるべき。

 非常事態宣言解除に浮かれた東京の金と時間を持った輩が、感染の心配のない地方都市で羽を伸ばそうと繰り出してきたら、またもとのもくあみ。

 全国的なリバウンドは間違いない。

 国(菅総理)も、一都三県の知事さんたちも、観光、飲食、遊興の地産地消を声を大にして要請することだ。

 東京都他三県、大阪の皆さん。感染の心配がないからと取って地方都市に繰り出さないでください。

 どうぞ近場でお楽しみください。

 我々田舎者は、都会の人たちを差別するのではなく、都会の人たちが怖いのです。

 

2021年3月13日 (土)

一国民である私は疑念を深め、怒っているぞ。

 国会での、「総務大臣はNTTから接待を受けたことはありますか」という質問に対して、武田総務大臣は「国民から疑念を抱かれるような会食会合、そうしたものに応じたことはございません」と答えた。

 その答えに対して、「会食した事実自体があるか、それをお聞きしたい」との重ねての質問に、武田総務大臣は「国民が疑念を抱くような会食会合に応じたことは一切ございません」と同じ返答を繰り返すのみであった。

 疑念を抱くのは国民の側で、国民がどう思っているかを疑惑を抱かれている当の本人が「疑惑を抱くような会食に応じたことはない」と言い張ることが、いかに馬鹿げた返答であるかがわからないのだろうか。
 
 質問は、会食の有無を問うているのである。
 質問に対する答を一切拒否している姿を見て、一国民の私の疑念は増すばかりだった。
 きっと多くの国民も疑念を深めたことだろう。
 
 国会において質問に答えないという安部前総理の得意技を政治家たちが踏襲してしまったようだ。
 
 それを確立させてはならない。
 私は怒っている。
 

2021年3月12日 (金)

テレ朝311 REC from311

 東日本大震災10年を迎えた昨日、テレビ朝日の夜のニュース「報道ステーション」が一番丁寧に震災特集番組を組んでいたように感じた。

 この番組で、「テレ朝311」の検索で見ることのできる動画の存在を知った。

 震災直後から同じ場所、同じアングルで定点撮影し続け、被災地10年間の風景の移り変わりを動画で紹介している。

 福島第一原発の周辺地域は震災直後の映像はない。

 放射線の影響で立ち入りができなかったせいだろう。

 復旧は確実に進んできているが、空き地がめだつ。

 映像で見る限り元の生活に戻れている人がどれほどいるのだろうか。

 定点観測地点の数は100か所にものぼる。

 テレビのニュースで切り取られた部分を見るより、復旧の現状がよくわかる。

 「テレビの功罪」というカテゴリーにおいて珍しい、「功」である。

 

 

 

 

 。

 

2021年3月 5日 (金)

またしても児童相談所が、聞こえないふり、見えないふり。

 5歳男児を餓死させたとして母親と知人女性が逮捕された事件で、母親の碇利恵容疑者の親族が、男児が死亡する約1カ月前から福岡児童相談所に男児らを引き取りたいと複数回相談していたことが判明した。

 親族は一か月前に児童相談所に安否確認を要請もしていた。

 児童相談所は、約一か月前に最後の面談をしているが、「元気な様子で差し迫った危険はないと判断した」として、その後の面談はしていない。

 小さな子供を死なせてしまったという反省や後悔はないのか。

 児童相談所が正面切って「聞こえない」「見えない」ふりをして記者会見に臨んでいる姿を何度見たことか。

 テレビも、視聴率が取れることだけしか考えていないから、本気で同じ過ちを繰り返させないという姿勢が見えない。

 私は、幼児虐殺事件報道を見るたびに、いたたまれない気持ちになる。

 幼児は、どんなに虐げられても、どんなにいたぶられようと、親に可愛がられよう、親に好かれようと、親にすがりついたはずだ。

 なぜ自分がしかられるのか、しかられるのは自分が悪いのだと思い、親に気に入られようと精一杯の努力を尽くしたはずだ。

 そんな子供の気持ちを思うと、私は涙を禁じ得ない。

 死なせずにできたはずの事件が多すぎる。

 幼児虐待事件については、疑わしきは罰するという法改正を急ぐべきだ。

 

 テレビ=マスコミも、もっと毅然とした姿勢で虐殺を防ぐために世論を盛り上げることをもっと真剣に考えよ。

2021年3月 3日 (水)

見えないふり、聞こえないふりをしているのは誰だ?

 視力検査表のような図柄を指し示して「これは?」と質問してくるテレビCMを度々目にする。

 視力検査表の、アルファベットの「C」のような輪っかの代わりに何か絵が描かれている。

 最初に差し棒が指し示したのは視力1.2の図柄。

 図柄を指し示しつつ、「これは?」の質問に、「見えません」と答える。

 次に0.7の図柄を差し示す。

 「これは?」

 「わかりません」

 最初にこのCMを見たとき、ここまでは、私にも何のことかわからなかった。

 差し棒が次に指し示した図柄は0.3。

 図柄は大きくなり、母親ががしゃがみこんでいるこどもをしかりつけている姿がはっきりわかる。

 「これは?」

 それに対する答は、「ああ...」と一瞬ためらいながら、「見えません」

 次の図柄は0.1。

 差し棒が指し示した図柄は、自分の頭をかばって手でおおっている子供を殴りつける男性の姿がはっきり見て取れる。

 差し棒が指し示した図の右隣の図柄は、男が子供を頭上に抱え上げて投げ捨てる絵だ。

 左隣の図柄は、すがる子供を無視する母親の姿。

 同時に、0.2の図柄で子供を蹴りつけている絵柄が目に飛び込んでくる。

 次に図柄の解説がはいる。

 同時に「児童虐待の通報はみんなためらう。だからこそ1 8 9(いちはちきゅう)。いちはやく。通話料が無料になりました。」というアナウンスがかぶさってくる。

 そして女性が通報する映像。

 昨年2月から、県警に近隣住民から虐待の疑いがある 「子供が虐待されているみないなんですけど」と、震える声で訴える姿。

 そこにナレーションが被さる。

 「見えないふりしないで」

 「間違いでもいい。いちはやく」

 「虐待かと思ったら、すぐにお電話ください」

  ACジャパンのテレビCMとしては、珍しく出来のいいCMになっていると思う。

 一般国民に児童虐待を通報してもらうための広告としては、上出来だ。

 しかし、児童虐待から子供を救うための第一線に立つ児童相談所の職員への教育に、もっと予算を割くべきではないか。

 

 またしても起きてしまった幼児虐待により5歳児を餓死させてしまった事件。

 餓死させられた5歳の子供の体重は10キロ前後だったという。

 同年齢の平均の半分ほどしかなかったのだ。

 近隣の人から虐待の恐れがあると通報があっていた。

 しかし子供に外相は確認できず、警察は児童相談所に通告した。

 同居していた残り2人の子供を児童相談所が保護したのは、5歳の子供の死後のことである。

 こんな事件を毎年のように目にし、耳にする。

 周囲の人が虐待をしているのではないかと通報し、警察も虐待の可能性を通告しているにもかかわらず、手をこまねいて子供を死に至らしめる児童相談所。

 人出が足りなくて手がまわらないという言い訳を何度きいたことか。

 「訪問したけど会えなかった」

 「訪問したけど、子供の姿を確認させてくれなかった」

 「子供さんに異常はないですかと聞いたら、元気だやっていると答えてきた」

 そもそも犯罪者は通常の常識が通らない、ヤヤコシイ人間が多いのだ。

 それに、犯罪者にむかって「何か悪いことはしてませんか」と聞いて、「なにもしてないよ」という答えに満足して帰ってしまうのであれば、児童相談所なんていらない。

 今回の事件は、共犯者とされる母親の知人の存在が大きいようだ。

 このややこしい共犯者が児童相談所の職員の面談に同席したり、妨害していたようだ。

 あきらかに犯罪を感じさせるような事態を目の前に、児童相談所の職員はなにをしているのだ。

 テレビのニュースキャスターやコメンテイターも同罪だ。

 今日のニュース番組で、「なぜ救えなかったのか、その意味を早急に考えていかなくてはならない」とコメントしている解説者がいたが、芸能人の不倫報道をとりあげる時間の半分の時間でも時間を割け。

 私がこうやって、遠吠えしても何の役にも立たない。

 しかし、テレビは仕組みを変える力がある。

 見えないふり、聞こえないふりをしているのは、あんたらだ。

 

 

 

 

 

2021年2月14日 (日)

福島県沖地震は人命にかかる被害がなくてなによりだった。

 福島県沖の地震。

 震度6強ということであったから、心配していたが、人命にかかわる被害がなくてなによりだった。

 ニュースでは、地震と同じくらい東京オリンピック・パラオリンピック組織委員会の会長の後任人事が大変みたいだけど、ひとまず地震で亡くなった人がなくてよかった。

 

2021年2月13日 (土)

宮城、福島で震度6強の強い地震

 今、宮城、福島で震度6の強い地震があったとの臨時ニュースをやっている。

 近隣都県でも、震度4以上の強い地震が記録されているようだ。

 当地(宮崎県の北の町、延岡市)でも、5年前の熊本地震の際に震度5弱を経験したが、あのときの恐怖は今でも強く記憶に残っている。

 震度5弱でも、自分の家が倒壊するのではないかという恐怖を感じた。

 震度6はいかばかりか。その恐ろしさは想像に難くない。

 深夜のことで被害状況はまだあまり見えてこないが、明日の朝になると大きな被害の情報が報じられるのではないか。

 10年前の地震の復興も道半ば。

 大きな被害のないことを、ただただ祈る。

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ