日記・コラム・つぶやき

2017年5月20日 (土)

天皇陛下退位特例法案閣議決定     天皇誕生日は?

 天皇陛下退位特別法案が閣議決定した。

 今後の予定としては、2018年中にも天皇陛下が退位され、現在の皇太子徳仁親王が天皇陛下に即位される。

 徳仁親王の誕生日2月23日が天皇誕生日となる。

 現在の12月23日の天皇誕生日はどうなるのだろう。

 昭和天皇の時の天皇誕生日4月29日は、昭和の日として祝日として残されている。

 なぜか日本国においては祝祭日を増やそうとする傾向にあるから、恐らく12月23日も祝日として残されることになるのだろう。

 しかし私は、12月23日は祝日でなくなることを期待している。

 というのも、私は締め切り間際にならないと動かないという悪癖を持っている。

 そして仕事は不動産業。

 なぜか私は、毎年、12月ぎりぎりになっての仕事を抱えてしまう。

 12月は官公庁が28日で御用納めとなる。

 23日や28日に土曜日・日曜日が重なると仕事にならない。

 不動産の所有権移転の登記やなんかが年末になると、いろいろと差し支えのあることになる。

 そんなこんなで、12月23日が祝日になったことで、年末の仕事は23日までになっていた。

 年末年始は休みになるのだから、12月23日の祝日は廃止してもらうとありがたい。

 国は国民の休日を増やしたい傾向がある。

 昨日のニュースで、政府が「キッズウィーク」という大型連休を計画していると報じていた。

 「キッズウィーク」というのは、夏休みの最後の1週間の平日5日を別な月に振り替えるて、前後の土曜日曜とアワセテ連休にするというもの。

 この期間を企業でも休みがとれるように働きかけて、大人も休めるようにして、観光需要を分散し地域の活性化を目指すというもの。

 これはなんだかよくわからない計画に思えるが、連続の休みを作りたいのであるのなら、12月23日の祝日を年末年始の連休に付け加えてはどうだろう。

 年末年始は、どうせ正月気分。

 私にとってはそうしてもらえるとありがたい。 

2017年5月19日 (金)

共謀法案 委員会強行可決

 共謀法案が衆議院法務委員会で強行採決、可決された。

 インターネットを開いてみても、ネットニュースでは余り取り上げられていない。

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)は、全国紙の夕刊はやっていないが、日経新聞電子版の夕刊は見られるので、日経新聞夕刊を開いてみた。

 日経新聞でも夕刊の1面トップは天皇陛下の退位特例法案の閣議決定。

 安倍総理のカラー写真付き。

 共謀法案可決の件は、1面ではあるが退位特別法案の半分くらいのスペースだった。

 共謀法案について不安視する声が多い。

 法案にざっと目を通してみたが、何が不安なのかは私にはわからない。

 法務大臣でもよくわかってないみたいだから、私がざっと読んだくらいで理解できたら法務大臣に失礼というもの。

 この国が、共謀財宝案を不安視する人が思うような道に進まないといいのだが。

2017年5月18日 (木)

加計学園獣医学部新設報道

加計学園の獣医学部新設にあたって「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書の存在が問題となっている。
 
 以前総理は、この加計学園に自分がかかわっていたら総理を辞めると言っていた。

 しかし、また今回も、誰もそれを詰めきらないのだろう。

 この問題はワイドショーでもっと大きく取り上げられていも良いはずなのだけど、今や安倍さんは完全にマスコミを制圧している。

 ワイドショーで政権を論じるときには、かならず田崎史郎なる安倍総理のポチ芸人が出演することになっている。

 他の出演者が安倍総理をちょっとでも非難するような発言をすると、必死になって命を賭して安倍総理を擁護する。

 なぜか肩書は時事通信社解説委員となっているから、客観的な立場で政治を解説するかのように思わせるが、恥も外聞もなく露骨に安倍さん擁護に終始する。

 その必死な様は滑稽でさえあるが、ワイドショーで政治が話題になるときはどのテレビ局にも田崎氏は出演している。

 田崎氏に加えて、もう一人山口敬之なる政治評論家がいて、これが田崎氏に輪をかけた安倍擁護芸人である。

 安倍総理を批判するものにを攻撃する姿は田崎氏より過激で、私が見る番組の限りでは田崎氏より露出度が高くなりつつあった。

 しかし最近、山口敬之氏の準強姦罪疑惑報道が流れ(これが不思議とテレビではまったくとりあげられていないのだが)、それからというものすっと姿を消している。

 姿が見えなくなったということは準強姦疑惑は本物の話しではないかと、私は下衆の勘繰りをしてしまう。

 私は、マスコミは権力者を批判する側にまわるって行き過ぎを是正するのが仕事で、その批判を受けて立ち自らの正当性を堂々と主張し、国民を納得させるのが権力者側の仕事だと思っている。

 大変なこととは思うが、反対でも、賛成でも、思ったことを発言する世の中でありつづけることを祈っている。

2017年5月17日 (水)

眞子様ご婚約

 昨日から、テレビのニュースは眞子様ご婚約の報道一色。

 北朝鮮のミサイルも、韓国の大統領も、トランプ大統領とロシアも、籠池さんも安倍さんも、みんな吹き飛ばされている。

 それを憂う人、悲しむ人、喜ぶ人もいるだろうが、とにかくおめでたい話しではある。

 それにしても気になるのは、眞子様のお相手の小室圭さん。

 真偽のほどは定かではないが、眞子様と大学の同級生で、学生時代に小室さんから眞子様にプロポーズしたという話しのようだ。

 皇族であられるのを承知でプロポーズするというのだから、それなりの家柄なのだろうと推測するのだが、ネットでの情報では普通人(ごく普通の家庭の人)のようでもある。

 皇族の結婚ともなれば、個人的な感情だけで許されるものではないだろう。

 家柄、血筋、経歴。あらゆる角度から調査をして、それなりの人でなければ結婚相手としては認められないはずだ。

 美智子皇后は現在の天皇陛下が皇太子のときに、それまでの風習を破って、始めて平民から皇室に入られた。

 そして、皇太子妃になられた美智子様は、皇室の慣習であった宮中御産殿での出産や、乳母制度、傅育官制度を廃止し、3人のお子様を全て自らの手で育てられた。

 美智子様が皇室の慣習を変えたように、もっと開かれた皇室へと変わろうとしているのだろうか。

 果たして小室圭さんの正体やいかに。

 それにしても、日本中が眞子様のご婚約の話しでもちきり。

 早速、出勤する小室さんにマスコミが群がっていた。

 皇族との結婚なのだから、当然それは予測できたこと。

 婚約。結婚。結婚後。

 ずっとプライバシーが制限される生活になることだろう。

 それを承知の上でプロポーズしたのは、眞子様に絶大なる愛情を感じたからなのだろう。



 聖子ちゃんと違って、マスコミ向けではない真の「ビビビッ」と電流が走ったのだろう。

 

 

2017年5月15日 (月)

北朝鮮の恐怖 

 北朝鮮の動きが怖いけど、北朝鮮は絶対に核兵器を手放すはずがない。

 北朝鮮が不法(といわれている)なことをやっているけど、、それでも北朝鮮がつぶされないのは核兵器を保有しているからだ。

 ソマリア、リビア、イラン、イラク、アフガニスタン・・・・

 思いつくだけでもアメリカの軍事介入で政権交替が行われた国はたくさんある。

 強烈な記憶として残っているのは、アメリカのイラク侵攻。

 イラクが核兵器を含む大量破壊兵器を保有しているという名目だったが、結局大量破壊兵器は無かった。

 空爆を支持したブッシュ大統領も、退任前に捏造による間違って情報で行った行為に遺憾の意を表明していたが、奪われた命は「遺憾」で許されるものではない。

 北朝鮮が「大量破壊兵器を使用するぞ」と公言しているのに、いかなる攻撃を受けないのは、本当に核兵器を保有しているからだ。

 イラクは核兵器を持っていなかったから、つぶされた。

 リビアも、イラクも、アフガニスタンも、核兵器を持っていないから攻撃される。

 核兵器を持っているテロ国家の独裁者が、自分が殺されるなら道連れに核のボタンを本気で押してくると思われているからこそ、様子をみながらの制裁を行いつつ、話し合いをしようとなだめに来るのだ。

 どんな話しになろうとも、北朝鮮は核を手放すことはないだろう。

 

 北朝鮮も怖いけど、北朝鮮の恐怖に乗じて日本の独裁者になりつつある安倍総理も怖い。

2017年5月10日 (水)

「切手が長い」  昔集めた記念切手

 「切手が長い」は私のこと――。漫画家の伊藤理恵さんの、「切手が長い」は私のことというコラムに多くの反響の声があがっているそうだ。

 「切手が長い」というのは、伊藤さんのお母さんからの手紙に、 昔集めていた切手を使い切ろうとして、昔の10円や5円の切手をいっぱいに貼って送ってきた様を表現したものだ。

 私も小学校の頃に集めていた切手をたくさん持っている。

 記念切手のブームがあって、少ない小遣いから買い集めたもので、額面は10円や5円。

 切手収集のブームに乗って、記念日とは関係ない国立公園や国定公園のシリーズもよく発売された。

 ストックブックを開いて眺めてみると、単色刷りのものも多い。

 そんな中で、切手趣味週間の切手は多色刷りの浮世絵の柄は高価そうにみえる。

 数年前、この切手を売ったらどのくらいになるか調べてみたことかある。

 50年以上も前の切手で、5円、10円という額面の切手が多いということは、葉書が5円封書が10円だったのだろうか。

 今は、葉書が52円、封書が82円だから、郵便代金の値上がり率をそのまま貨幣価値に置き換えたら、上昇率約10倍になってなければならない。

 あー、それなのに、それなのに、切手商の相場では、額面とおりの価格なのである。

 それどころか、古い切手を換金しようと思えば「元本割れ」になるのだ。

 それを知った私は、この切手を使い切ろうと思って、封書で郵便を送るときに十両がちょっとオーバーして10円とか20円不足するようなときに古い切手を使っていた。

 昔の記念切手はサイズが大きいので、定型の封筒に80円分の8枚を貼ると、封筒の半分を切手が占めてしまう。

 だから、ちょっと重量が重くなって、82円のところが92円になったときなどに、古い10円切手を貼り足すようにしていた。

 しかし、伊藤さんのコラムへの反響の手紙の中には、「長さ16.5センチを2列に貼って出した」とか、「数ある切手の中から、送る相手にふさわしい図柄を選ぶのことを楽しんでいる」といった面白い使い方が寄せられている。

 切手ブームにのせられて買い込んだ切手を無駄なく使い切りたいと思っていたのは私だけではなかったようだ。

 私は、今年の6月から葉書が52円から62円に値上がりするので、買い置きしている52円の葉書を出すときに10円分づつ切手を使えるぞと、葉書の値上げを歓迎してていたのだが、もっと積極的な使い方があることを知って嬉しかった。

 さらには、古い記念切手を一気に使いたいのであれば、封書の裏にも切手を貼ってもいいということだし、郵便局へ小包と一緒に持っていけば、貼らずに料金として支払えるという助言もあった。

 古い荷物を片づけていて見つけた、1冊の「切手のストックブック」。

 国立公園、国定公園シリーズと、切手趣味週間のシリーズのものが集められている。

 鳥のシリーズや国体のシリーズや、東京オリンピックのシリーズもあったと思うのだが、あの記念切手はどこに紛れているのだろう。

 他にも数冊のストックブックが、どこかに埋もれているはず。
 
 ブームに乗って次々に発行される切手が欲しくて、月々にもらう小遣いでは足らずに、親にねだって買ってもらった記憶もよみがえる。

 ほんと、親には迷惑かけたなと殊勝な感情もわきあがってきた、「切手が長い」話しであった。

2017年5月 9日 (火)

韓国の大統領選。後が不安。

 フランスの大統領選挙に続いて、今日は韓国の大統領選挙だ。

 昨晩のテレビのニュースで韓国の大統領選挙を取り上げていた。

 切り取りの報道かもしれないが、今回の大統領選挙の大きな特徴として、国民が政策についてまったく関心を示していないと報じていた。

 国民の関心は、政策はそっちのけ。

 政権が交替することで、今の閉塞された状況を変えてもらいたいということが、国民の最大の関心事のようであった。

 すべての候補者と国民の合言葉は「反パク・クネ」

 これって、どこかで見た景色ではないか。

 そう、2009年の日本の総選挙。

 あのとき変革の予感に国民の期待が高まった。

 戦後70年での始めての政権交代。

 果たして政権交代は行われた。

 しかし、政権交代は変革は起こらなかった。

 起こったのは混乱のみ。

 その反動で、安倍一強政権を生み出した。

 他に選択肢の無い選択。

 国民は政治に対して、ただただ無力感を感じて、呆然と成り行きを傍観するのみ。

 韓国もそうなりはしないか。

 フランスの大統領選挙も、決選投票でマクロンさんが票を集めたのは、偏り過ぎの極右を警戒したための結果だった。

 もしマクロン大統領が、これといった成果を果たせなかったときもまた、日本の民主党による政権交代のときと同じく、次は極右政党のペロン政権が誕生するかもしれない。

 
 こんなことを書いていて、ふと、不安になった。

 共謀罪法が成立したら、こんなことを書いていたら、捜査の対象になるのかもしれないなあ。

 

2017年5月 8日 (月)

安倍は国会を、そして国民をなめきっている。

 国会での野党の質問に対して、新聞の記事を熟読しろだと?!

 安倍は、対抗馬がいないことをいいことに国民をなめきっている。

 国民よ怒れ!許してはいけない。見過ごしてはいけない。

 

 

フランスの大統領選挙を見ていて、ふと不安になった。

フランスの大統領選挙で、中道で無所属のマクロン候補が極右政党のルペン候補を破り、フランス史上最年少の大統領が誕生することになりました。
 
  恥ずかしながら、フランスの大統領選挙には、ほとんど興味がなかったのだが、決選投票直前のニュースを見ていて、はたと思い当たることがあった。
 
  フランスの大統領選挙は、1回目の投票で過半数の票をとる者がいなかったときは、獲得票数1位と2位の者で2回目の決戦投票をして、勝った者が大統領となる。
 
 1回目の投票の得票結果は、マクロン氏が23.7%、ルペン氏が21.5%、3位のフィヨン氏が19.9%だった。

 2回目の投票にあたって、マクロン氏、ルペン氏を支持する人々が投票を呼びかけたのた。

 それとは別に、投票に値する人がいないので投票を棄権することを呼びかける勢力があった。

 マクロン氏がバリバリのエリート出身であることを嫌う人が多数いたし、極右政党のルペン氏に政権をとらせたくない人も多数いた。

 マクロン氏、ルペン氏ともに、国民から絶大なる支持を得ていたわけではない。

 むしろ、支持する人以上に嫌いな国民の方が多いのではないかと感じられた。

 そういえば、トランプ大統領もそうだった。
 
 選挙開始当時は、トランプさんの不人気度は無茶苦茶高かった。

 一方の、エリート出身のクリントンさんの不人気度が、それに負けないくらい高くて、結局不人気合戦の泥仕合の結果、クリントンさんが負けた結果がトランプ大統領の誕生となった。

 フランスの大統領選挙も、アメリカの大統領選挙も、この人に国を託したいという候補者が現れずに、両方とも好きではないけれど、あちらよりはこちらの方がまし、といった感じで決まった感がある。

 疑惑と失態にまみれた安倍政権の支持率が下がらないが、それは安倍政権を支持しているからの結果ではなく、他にまかせられる政権が思い当たらない結果でしかない

 政治が行き詰まっているのは、日本だけのことではない。

 人類の発展が究極を迎え、確定的にこれを打開する策を見いだせないのではないか。

 こんがらがった糸をほぐさんがために、ガラガラポンと、戦争へと進むことにならなければ良いが。

2017年5月 5日 (金)

安倍総理 改憲へ

 安倍総理が改憲に期限を設定した。

 ビデオでそれを表明する安倍総理の顔は、ごう慢な独裁者の顔だった。

 赤ずきんちゃんをだます、おばあちゃんの姿がかぶさってみえた。

 

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ