日記・コラム・つぶやき

2019年6月24日 (月)

「大きな玉ねぎの下で (令和元年 Ver.)」のMVがいい!

 一昨日、ラジオに、「サンプラザ中野くん」が出ていた。

 「大きな玉ねぎの下で」の令和元年バージョン発売の宣伝出演だった。

 「大きな玉ねぎの下で」は、サンプラザ中野が爆風スランプ時代の大ヒット曲。

 30年も昔の曲。

 大ヒットしたからメロディーは耳には残っているが、歌詞をじっくり聴いたことはない。

 爆風スランプには興味がなかったし、歌詞の中に「玉ねぎ」という言葉が何度も出てきて、その部分しか耳に残ってなくて、玉ねぎのことを歌う曲がなんでヒットするのだろうかと思っていた。

 昨日のラジオで、「サンプラザ中野くん」がこの曲を作ったいきさつと、令和元年バージョン発売にいたったエピソードを話していた。

 歌い出しは「ペンフレンドの二人は」だ。

 曲中に出てくる「大きな玉ねぎというのは」武道館の屋根に載っている疑宝珠のことだった。

 携帯電話やスマートフォンがなかった時代、メールやラインに変わるのは文通だった。

 文通で知り合った若い男女がいて、男の子が貯金で貯めたお金でコンサートのチケットを送って、初めてのデートの約束をしていた。

 二人が会うのは、それが初めてのこと。待ち合わせの場所がコンサートのある武道館の入口だった。

 その日が来て、心臓が張り裂けそうなくらいどきどきした気持ちで彼女を待つ彼。

 しかし、彼女は現れなかった。

 一人でコンサートに入った彼の隣の席は最後まで空席のままだった。

 アンコールの拍手の中、彼はいたたまれず会場を飛び出した。

 一人涙を浮かべて振り返ると、澄んだ空に大きな玉ねぎが光っていた。

 という歌詞だ。

  誰もが若いころに経験すしたことのあるような切ない歌詞だ。

 「サンプラザ中野くん」は、令和バージョンのMVがよくできていると自己宣伝をしていた。

 スマートフォン世代の人には「ペンフレンド」という意味さえ理解できないだろうけど、時代は変わっても若い男女の気持ちは同じ。

 令和バージョンのMVでは、「大きな玉ねぎ」の意味を知らない若者が、ペンフレンドの時代の若者と同じ経験をして、「大きな玉ねぎ」の意味を知ることになる。

 そのMVがユーチューブにあがっていた。

 MVは「サンプラザ中野くん」の自画自賛を納得させられるできるできだった。

 

 何十年も前に流行った歌で、
カラオケで意味を考えずに何となく歌っていた歌の歌詞の意味を今になって突然知るということが少なからずある。

 なんにつけてもいいかげんに生きてきたなと、変に実感させられるのである。

 

 

2019年6月20日 (木)

私はオリンピックに興味がない変わり者?

 今日、未明2020年東京五輪のチケット抽選当選結果がに発表された。

 公式販売サイトには「順番にご案内しております」と、100万人を超える待ち人数が表示され、つながりにくい状況になっていたらしい。

 混乱をさけるため、午前2時頃、公式販売サイトに表示したのだそうだ。

 朝のテレビ、ラジオの出演者たちの多くが、混雑を想定して発表と同時に公式サイトで抽選結果を確認していた。

 結果は、私の見聞きした限りでは、当選者はいなかった。

 私の想像をはるかに上回るオリンピック人気のようだ。

 私は、そんなオリンピック熱とはまったく無縁。

 スポーツは、テレビ観戦が一番だと思っている。

 プロ野球を球場に観に行ったことが何度かあるが、応援するチームがあれば、みんなと一体となった応援で盛り上がるという楽しさはある。

 それに野球は団体競技だから、試合の全体が見わたせるのも球場で観る良さだ。

 しかし、私は、巨人大鵬玉子焼きの世代での巨人ファン。

 巨人のレギュラーくらいしか顔はわからない。

 内野席の、結構良い席からでも選手の顔がよく見えない。

 試合の重点箇所をアップで見るのにはテレビが一番。

 ましてや、オリンピックは個人競技が多い。

 大阪なおみが見たいという人がいたけど、外野席からは米粒みたいで見えやしない。

 見どころを見逃さずにアップで観るのはテレビが一番。

 そもそも私は、今の商業至上主義と利権にまみれたオリンピックには疑問を抱いている。

 東京オリンピック誘致の時の売り込みコピーは、「コンパクト五輪」だったはず。

 すでにある競技場を利用して、ほとんどの会場が選手村から8㎞圏内に用意できる。

 予算も3000億円程度でできるというものだった。

 それが、いざ東京に決定すると同時に、予算は際限なく膨らみ、3兆円を超える。

 オリンピック誘致に蠢く、政財界が一体となって税金を貪り尽くしている。

 私は、オリンピックに興味のない変わり者。

 利権の恩恵にあずかれるのであれば大賛成にまわるのだが。

 

 

2019年6月19日 (水)

やらないから困難になる

 明日から、明日から。

 これが私の来し方。

 明日から、明日からで、久しぶりにブログを開いて確認してみたら、10日以上も保放置していた。

 放置しいる自覚はあったが、これほどまでに時間が経っているとは思ってなかった。

 「困難だからやろうとしてないのではない。やろうとしないから困難なのだ。」という言葉がある。

 私に言われている言葉だとおもって、手帳の最初に書いてあるのだが、やろうとしない困難の山。

 困難が溜まりすぎて、何から手をつけたらいいのか途方に暮れてしまう。

 

 今年、1月から始めたウォーキング。

 ウォーキングだけでは物足りなくて、軽いジョギングも取り混ぜて5㎞をジョグ&ウォークしていた。

 そこに先月から、今年の青島太平洋マラソンのテレビCMが始まり、今年もう一度青島太平洋マラソンを走ってみようかなという気の迷いが沸き起こった。

 それで、先月から何度か、ジョギングで5㎞を走りきれるか試してみたのだが、息が切れるは足が痛くなるはで1㎞も走れない。

 すぐに歩いてしまって、1度歩いてしまうと、2、3分走っては2、3分歩くの繰り返し。

 昨日、まったく息が切れない程度にスピードを落として、1㎞だけ走ってみることにした。

 1㎞走れた。

 そのまま、次の1㎞。

 これも問題なく走ることができた。

 そして、結局5㎞完走。

 歩くのと同じ程度のスピードで走ったつもりだったが、スマホのウォーキングアプリで記録を確認してみたら、いつもの早足のウォーキングの平均スピードが時速5㎞~5.5㎞なのだが、ゆっくり走ったつもりでもジョギングだと時速6.3㎞だった。

 青島太平洋マラソンに出るという動機がなくなって、5㎞の完走も無理だとおもっていたのだが、やってみれば5㎞を完走できたし、ゆっくりでも、休まずに走ると歩くよりも速いことを知り、ちょっとうれしかった。

 ということで、ブログもとりあえず書いてみることにしたという、しごく個人的な感想でした。

 

2019年6月 5日 (水)

雑用が押しかけてきて、昨日の続きが書けなかった。

 最近、読者さんが激減しているので、さして大きな問題ではないのだろうが、私は発した言葉にとらわれる性癖があるもので、一言言い訳をさせていただく。

 昨日、話の続きはまた明日と書いてしまったが、今日は、朝からなんだかんだと仕事に追いまくられて、続きを書くヒマがなく、疲れ果てて続きを書く気になれない。

 続きは、また後日。

2019年6月 1日 (土)

6月1日 宮崎は昨日梅雨入りしたけど、今日は快晴

 はや、6月。

 昨日、宮崎は梅雨入りした。

 梅雨入り宣言の今日は快晴。

 気持ちのいい一日だった。

 明日は雨の予報。

 
 ことしも後半戦に入る。

 毎月のことではあるが、初日は気持ちがあらたまる。

2019年5月28日 (火)

16人の小学生を含む18人を殺傷 憤りをぶつけるところのない痛ましい事件 

 朝のワイドショーに突然飛び込んできた、川崎の大量殺傷事件。

 被害にあった18人のうち、16人は小学生の女の子。

 小学生を含む、お2人が亡くなられた。

 加害者は、自ら首を刺して死亡した。

 殺人事件の犯人に対して、被害者の遺族関係者の多くは、極刑をもって罪を償って欲しいと、怒りをぶつける。

 今回の事件のように、犯人が事件のあと自ら命を絶ってしまうと、怒りをぶつけるところがない。

 もって行きようのない怒りを抱えた被害者遺族の方々の心境を慮ると、本当に心が痛みます。

 

2019年5月27日 (月)

トランプさんの来日劇は大成功

 トランプさんの来日劇は大成功だ。

 ゴルフ、相撲観戦、高級炉端焼き。

 令和最初の国賓として、天皇陛下皇后陛下と会見。

 その後、首脳会談。

 そして北朝鮮拉致被害家族と面会。

 明日は、海上自衛隊の護衛艦「かが」に乗艦。

 話題性のある行事の連続。

 安倍総理は、当然日本のためにトランプさんを招待したのだろうけど、安倍さんの人気を後押しする行事が盛り沢山。

 安倍さんは、改元にあたって是非国賓の来日を要請したが、トランプさんは最初乗り気ではなかったという。

 改元はスーパーボールの100倍の大きなイベントだと説明されて来日が決まった。

 相撲観戦についても、会場に入ってきたのは、残り5番の取組から。

 土俵上の勝負にも余り関心を示していない様子だった。

 相撲観戦はトランプさんのたつての希望だったというが、昨日のトランプさんを見ていると、相撲に興味がなかったのは明らか。

 大相撲観戦、大統領杯贈呈は安倍さんの話題作りのための演出だったようだ。

 以外だったのは、トランプさんが入場したときの観客の声援の大きかったこと。

 天皇陛下が観戦されたときより大きな歓声だった。

 安倍さんの人気取り作戦は大成功。

 トランプさんのアメリカでの支持率は45%くらいだが、昨日の会場の声援の大きさから推し量ると、60%以上がトランプさんを歓迎していたように思えた。

 メディアの露出が多いと、人が群がる。

 ウクライナでは、人気コメディアンが大統領に当選した。

 メディアの操作が上手い人が大衆から票を集めることができる。

 14前、ホリエモンこと堀江貴文さんが、突然衆議院選に出馬して善戦したことを思い出す。

 当時堀江さんは、プロ野球参入を表明し突如時の人となった。

 その後、日本放送買収をはかり、連日マスコミを席捲し時代の寵児となった。

 その知名度を使って、地縁血縁のまったくない衆議院広島6区に無所属で立候補した。

 広島6区は、小泉政権から反対勢力として自民党を負われた亀井静香さん。

 亀井さんは閣僚の経験もある元自民党の重鎮。

 堀江さんは、亀井さんの磐石の地盤であるはずの選挙区に突然出馬したが、知名度だけで亀井さんを猛追した。

 結果は亀井さんが勝利したが、亀井さん110,979票。堀江さん84,433票。

 亀井さんの対抗馬として何度も亀井さんと争ってきていた民主党の候補者を、上回る票を集めた。

 インターネット、SNSの普及で、ある日突然、人が一方向に流れだす傾向は加速している。

 ポピュリズムが世界を動かす。

 トランプさんを主役に据えた、安倍さん演出のトランプ演劇は大成功のようである。

2019年5月21日 (火)

琴恵光 勝ち越し

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)出身、琴恵光(西前頭十五枚目)が待望の勝ち越しを決めた。

 何度か書いたが、琴恵光の実家は私の実家の隣家。

 偶然のことに、琴恵光の後援会事務所は私の会社の隣。

 有名になると知人が多くなるというが、私もその一人。

 隣家といっても、年代が違っていて全然付き合いはなかったのだが、琴恵光の入門のときからずっと応援していた。

 なぜ応援していたかというと、入門時代の琴恵光は美少年だったからだ。

 強くなれば絶対に人気が出ると感じていた。

 実際、幕下時代にはちょっと相撲ファンの女性の話題になっていた。

 当時次期横綱まで期待された琴奨菊の活躍がテレビで取り上げらる度に、琴恵光がテレビの画面に写り込むと、「あのイケメン力士はだれ?」と女性の間で噂になっていた。

 まじめ過ぎて、地味でちょっと華やかさに欠けるところがあって、爆発的な人気者にはならなかったが、男前ランキング、イケメンランキングで検索すると、今でも20番内くらいにはランキング入りしている。

 小兵力士の炎鵬が大人気だが、琴恵光も幕内小兵力士。

 体重を増やす努力をして、最近は目に見えてたくましくなってきたが、それでも幕内では4番目の小兵。

 太ってたくましくなった分、イケメンから男前に変化したが、絶対にビジュアルでも人気が出ること間違いない。

 性格は、くそ真面目で温厚でおとなしい。

 格下の力士にも強い言葉もかけられないほどで、勝負の世界で優しすぎるのが心配だったが、幕内で勝ち越しできたのだから心配ない。

 今場所は10日目にして、まだ優勝争いに残っている。

 このまま1日、1日の勝負を大事に千秋楽を迎えてほしい。

 祈る。三賞。優勝。ありえる。

 

2019年5月18日 (土)

池袋の10人殺傷事故の加害者 退院しても逮捕されないのはやっぱりおかしい

 先月、池袋で2人ひき殺し8人に大怪我をさせた加害者がいまだに逮捕されない。

 加害者自身も怪我をして入院していたから、逮捕を見合わせているのだろうと思っていたが、今日退院したのに逮捕されない。

 逃亡の恐れがないから逮捕しないとのことだが、2人も殺していて任意捜査という話は聞いたことがない。

 マスコミが、いまだに加害者に昔の役職名をつけて報じているが、逮捕されるまでは容疑者等の呼び方はしないとのこと。

 容疑者と呼べないとしても、加害者となら呼べばいい。

 何度も言うが2人も殺しているのだ。罪の大きさからして、どう考えてもおかしな話だ。

2019年5月17日 (金)

ふるさとギフト大賞2019

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)に、また自慢できる物が誕生した。

00

 それが、この「ちりめんアヒージョ」。

 「日本ギフト大賞」の最高賞「ふるさとギフト大賞」に選ばれた。

Photo

 ?「日本ギフト大賞」って何だろう?
 
  「日本ギフト大賞」というのは、全国の魅力的な贈り物を紹介するコンテストだそうだ。

 聞いたことのない賞だし、ニュースの取り上げ方がそんなに賑々しい感じではなかった。

 そんなに権威のある賞ではないのではないかと思って、ちょっとググッてみた。

 あにはからんや、全国版の大きなイベントだった。

 都道府県を代表する地方紙全誌が選考委員をつとめ、各都道府県で予選会を勝ち抜いた企業の中から選び抜かれた栄誉ある賞である。

0

 日本中から競い合って出品されたギフトの中から「日本ギフト大賞」の最高賞「ふるさとギフト大賞」に選ばれたのが、当地の海産物加工会社、高橋水産の「ちりめんアヒージョ」というのだ。

 ちなみに、高橋水産の社長は、私の弟の同級生。

 子どもの頃から知っているもので、かえって、そんなに大きな仕事をしている会社だとは思っていなかった。

 通販でも取り扱っているギフトセットは3,000円からだが、販売店だと単品でも買えるようだ。

 すぐに食べてみたくなって、近くに販売店はないか調べてみたが、まだ取扱店が少ないようで販売店がみつからない。

 もちろん高橋水産の本店で販売しているのだが、高橋水産のある土々呂(ととろ)町は、当地延岡市の南の端。隣町門川町との町境。ちょっと買いに行くという距離ではない。

 とはいっても、車で行けば20分くらいのところ。

 2、3日内に買いに行こうと思っている。

 有名になると知人や親戚が増えるというが、私もその一人に加わらせてもらうというわけだ。

 ちなみに、アヒージョってのは何なのか?浅学の私には初耳の横文字の料理名。

 ついでにググッてみたら、アヒージョとはオリーブオイルとニンニクで煮込んだ小皿料理となっている。

 延岡市民の皆さん。「ちりめんアヒージョ」を食べてみましょう。そして、どんどん宣伝しましょう。

 アヒージョを知らない人がいたら、オリーブオイルとニンニクで煮込んだ小皿料理のことだよと蘊蓄を傾けるのも一興じゃっど。(「じゃっど」は宮崎弁で「ですよ」の意)

 延岡には、自慢できるもんがてげあっど。(「てげ」は宮崎弁で「たくさん」。「あっど」は「あるぞ」の意)

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ