日記・コラム・つぶやき

2018年8月17日 (金)

78歳。将来の夢。

 2歳男児救出で注目を集めている尾畠春夫さん。

 ワイドショーに出まくっている。
 
 テレビでの質問は同じことばかり。

 尾畠さんはそれを苦にすることもなく、すべて応対する。

 性根の曲がった私は、目立ちたがり屋の変なおじさんだと思って見ていた。

 しかし、インターネットを見てみて、尾畠さんのボランティア、「はんぱない」ものだと知らされた。

 人手を要する大きな事故があると、全国に馳せ参じる。

 その活動は「はんぱない」もので、行く先々でボランティーのリーダー的存在になっている。

 彼は人間が好きで、話好き。

 彼がテレビにデマ来るのは、生来の人の良さから来るもののようだ。

 今朝の「とくダネ」で尾畠さんの半生を特集していた。

 尾畠さんは、7人兄弟の4番目として生まれた。

 小学5年生からは近くの農家へ手伝いに行かされた。

 勉強は好きだったが、中学3年間のうち、学校へ行けたのは4か月程度だったという。
 中学を卒業するとすぐ、働きに出された。

 いろんな職業を経験し、鮮魚店で働き始め、その後独立して鮮魚店を開いた。

 学校にも行けず、小さいときから仕事に駆り出されていたことにたいして、一切の恨み言は言わない。

 それより、仕事を通じて、感謝することの大切さを学んだという。

 65歳で鮮魚店を閉め、九州の最南端、鹿児島県の佐多岬から日本の最北端宗谷三崎まで、徒歩で日本縦断をした。

 そのときに多くの人から受けた親切に感謝し、人に恩返しをしていきたいと思い、2011年の東日本大震災にボランティアとしてかけつけた。

 このときには、南三陸町に500日も入っていたそうだ。

 その後、全国各地にボランティアとして出向いて活動している。

 「とくダネ」では、25分くらい尾畠さんを特集していたのだが、その中で尾畠さんの将来の夢を紹介するコーナーがあった。

 尾畠さんの回答を付箋紙で隠した「将来の夢」と題したパネルがアップになる。

 78歳でも夢はあるだろうが、私は、78歳の人に「将来」という言葉を使うことに違和感を感じた。

 回答を隠した付箋紙をはがすと、「夜間の高校に行って勉強したい」とあった。

 なぜか、私は、不覚にも涙すると同時に、力を与えられた。

 「とくダネ」のスタッフ一同も、私同様、感動をもらったようだった。

 「やっぱし夢を持ち続けるっちゅうことじゃないですかね。夢を持ったらそれを目標に立てて、計画を立てて、迷うことなく実行するのがいいんじゃないですか。私はそうしてるんです」

 尾畠さんが別な番組で、定年を迎えて仕事を引退する世代に向けたメッセージだ。

 「迷うことなく実行するのがいい」という言葉が、私の胸に刺さった。

2018年8月10日 (金)

明日から盆休み

 今、生命保険のセールスウーマンが来社した。

 久々の来訪である。

 以前は月に1度は来店していたのだが、最近は、めったに顔を会わせることがなくなっていた。

 年齢的に、私が勧める生命保険がなくなったせいなのだろう。

 今日はなんの用事なのだろうと思って応対に出ると、「連休明けに、今入っている保険の状況確認の調査に来ます」という挨拶であった。

 「連休」という言葉に、カレンダーに目をやると、明日は赤い字で表示されている。

 「山の日」ができて以来ずっと、この日にはなじめない。

 去年もそうだった。

 ずっと「山の日」を認識してなくて、突然祝日を迎える。

 そして同時に、13日から盆休みになることに気づくということを繰り返している。

 毎日めりはりのない緊張感のない生活をしているせいで、祝日の存在を忘れがちである。

 とりわけ、「山の日」は私にとって唐突に出現した祝日のままである。

 今年は、一人だけ御中元をお届けしていないお客さんがいて、明日の土曜日に届ければいいかなんて思っていた。

 このお客さんは留守にしていることが多くて、今年も、2度お伺いしたのだが2度とも会えずにそのままになっていた。

 この時間から行くのもちょっと気が引けるし、祝日のほうが家におられていいかななどと都合のいい言い訳をしている。

 

2018年8月 9日 (木)

物がモノノケになる

 4日前の日曜日から2日間、東京から帰って来ていた友人の接待に時間をとられたせいでブログの更新を休んでしまった。

 ちょっと休んでしまうと、休み癖がついてしまって、気がつくと4日も更新していない。

 最近、じっくり文章をかくことが億劫になってしまって、更新を休むと、ずるずると更新しない日が続いてしまう。

 これも老化かと、なんでも年のせいにしてしまう。

 なにかにつけ、年が気になる今日この頃で、本や雑誌の記事も老人関連のものばかりが目につく。

 そんな流れの中で、今日、図書館から「すごいトシヨリBook」という本を借りてきた。

 ずいぶん前に新聞の書籍広告で見て気になった本だった。

 私は、新聞の広告で気になった本は、アマゾンで検索して、まず目次を見て、つぎに読者レビューを見て、買って読んでみたいと思った本はそのまま注文する。

 以前は、気になった本は即座にアマゾンで購入していたのだが、立ち読みして確認していたら買わなかっただろうなという本が少なくない。

 それで、最近は、気になる本で、即購入してもいいと思うほどではない本については、まず当地(宮崎県の北端の街・延岡市)の図書館にないか調べてみる。

 図書館の蔵書がインターネット検索できるようになっているからだ。

 新刊本は、貸し出されていることが多いが、インターネットで検索して、そのまま予約ができる。

 話題になっている人気の本は10人待ちとか20人待ちということもあるが、インターネットで予約しておけば、借りれる順番が来るとメールで連絡が入る。

 「すごいトシヨリBook6」も、そんな流れで、今日図書館から借りてきた本である。

 目次を見て、気になるページを拾い読みしていたら、なかなか面白い。

 あまり期待していた本ではなかったのだが、いままで読んだ「老人本」とはちょっと趣の違う内容で、じつに面白い。

 今日、最初に自省したように、「最近、ジックリ文章を書くことが億劫」だもので、実にその通りと思った、ほんいちぶを紹介する。

 <一冊の本を探していて、「あの本はたしか、本棚の三段目の一番右端」なんて思って探すと、その本だけが無い>

 <若いときには探すまでもなく、「どこだっけ。この辺か」、手をのばすとぱっと出る。ちくゃんと一発で見付けられました。でも年をとると物が隠れるようになります>

 <たった今、ここに置いたメガネがない。カレンダーを留めていた画鋲がぱーんと飛んで、一瞬にして姿を消す。メガネや画鋲が、隠れて笑っているんです。>

 実につまされる現象なのである。

 今、使っていたボールペンが、一瞬で姿を消す。

 重要だからいつでも取り出せるようにしていたはずの書類が消える。

 捨ててもいいような書類が山ほどあるのに、重要な書類に限って姿を消すのだ。

 私だけかと思っていたが、みんなそうなのか。

 「すごいとしよりBook」の著者は、そういう現象を、本や、メガネや、書類が、年寄をからかって、隠れて笑っているのだというのだ。

 そして、その対策が面白い。

 <そういう時の秘訣は、「まあ、いいや、勝手にせえ」って諦めた振りをします。年寄は振りが上手ですから。そうして、戸をぱっと開けたりすると見つかったりします。不意打ちをかける。そういう、物との知恵比べが増えました。>

 なるほどうまい方法だ。

 試してみよう。

 目次には、興味のある内容があふれている。

 今晩は、テレビを見る時間を短縮して、本を読んでみよう。

 すぐに読み終えて図書館に返却しますので、ご同輩の方々に一読することをお勧めします。

2018年8月 4日 (土)

大人気の街。実は住みにくい。

 住みたい街ランキングで大人気の街が、実際には住みにくい街になっている。

 HOME”Sで、今年、定年後に住みたい街ランキング第一位になったのは鎌倉。

 古い町並みや、それを生かした、お洒落な雑貨店や飲食店が立ち並び人気を集めているようだ。

 観光客にも人気で、毎年国内外から2000万人以上の観光客が訪れる。

 そのせいで、道は車道も歩道も大混雑。

 街は観光客に占領されてしまった感じで、地元住民は、あふれる観光客のせいで土曜日曜は外出もできない。

 また、店がお土産物屋や観光客用の店ばかりになって、日用品を扱うスーパーマーケットが少なくて、鎌倉を住みづらい街にしている。

 週刊現代が作成した「住みづらい街ランキング」では、鎌倉は三位にランキングしている。

 観光で訪れるには楽しい街かもしれないが、生活するには不便な街になっているようだ。

 鎌倉同様、住みづらい待ちになっているが浅草。

 浅草は住みたい街ランキングで十三位にランクされているが、住みづらい街ランキングでは十一位にランキングされている。

 日本中で観光客誘致策を図っているが、観光客が増えすぎると困ることもあるのだなあ。

 

2018年8月 3日 (金)

これって、やばい?

 最近、物忘れがひどい。

 これは子供のころからのことで、私は、うっかり物忘れが多い。

 忘れっぱなしになることは無いのだが、一瞬ポッと記憶が抜けてしまうことが多々ある。

 しかし、小中高と試験はできたほうで、記憶力に障害があるわけではないと、気にしてはしていなかったのだが、最近の物忘れは、我ながらちょっと心配になる。

 顔はわかるのだが名前が出て来ないということが、しょっちゅうある。

 これは誰もが経験するようだが、このところ、それがちょっとひどい。

 もっとひどいのは、わからないことがあって、スマートフォンで検索してみようと思ってスマートフォンを開いたら、何を調べようと思っていたのかがわからなくなったりする。

 最近私のブログが面白くないのは、物忘れのせい。

 「あッ。これ面白い。ブログに書こう!」と思うことはあるのだが、時間が空いてブログを書こうとしたときには、すっかり忘れてしまっているのだ。

 これって、老化以上の問題ではないのだろうかなあ。

2018年8月 2日 (木)

日本ボクシング協会

 日大アメリカンフットボール、女子レスリングに続いて、今度は日本ボクシング協会の問題。

 この2、3日、テレビは日本ボクシング協会の問題一色。

 ワイドショーはもちろん、ニュースの時間も1時間以上の時間を割いて日本ボクシング協会の問題を取り上げている。

 日本ボクシング協会の山根会長が協会を私物化しているという流れの報道で、証人、証言、映像、ありとあらゆる事象をかきあつめて、徹底的な真相追求に時間を割いている。

 もし、仮に山根会長が、報道から想像されるように、ボクシング協会を私物化しているとしても、直接的に影響を受けたのはボクシングの関係者だけのこと。

 フットボール、レスリングに続くボクシング。

 いずれの問題も、キャラの強い最高権力者が独裁的な運営をしていて、テレビはその権力者に石をなげつけて棒でたたきまわして、視聴者の興味をかきたてている。

 テレビ各局とも、ワイドショーニュースで大幅に時間をさいての報道合戦を繰り広げているが、さりとてこれらは、国民の生活に大した影響を与える問題ではない。

 報道は、これと同じ熱意を国の最高権力者の蛮行にも傾けるべきではないのかなあ。

 

 

2018年8月 1日 (水)

8月初日。

 毎度毎度のことではあるが、初日はちょっと気持ちが改まる。

 今日は8月の初日。

 もう8月かと、時の経過の速さに驚きを感じるが、さて、今日から頑張ってみるかという気持ちになる。

 気持ちを新たにすると同時に、残りの時間が少なくなっていることも感じる。

 まずは、前向きに初日を迎えた。

2018年7月30日 (月)

根負けしてはいかん!かな?

 安倍さんの自民党総裁3選は確実なようだ。

 安倍独裁政権が、あと3年継続するわけだ。

 安倍政権の政策は認めないけど、安倍政権の支持率は下がらない。

 森加計問題は、許し難い重大な問題。

 それ以上に問題なのは、国会答弁で、野党の質問や問題追求の論点をはぐらかして答えないこと。

 長々と的外れな答弁を繰り返し、国会の討論時間を浪費し、最終的には数をもって可決。

 テレビの前で、腹立たしいが、どうしようもない。

 森加計問題で、支持率が危険水域に達したことはあるが、すぐに回復

 日本国民は怒りを持続することが苦手なようだ。

 私も、いらいらするが、無力感を感じて、物を言う気力を失って、ついでにブログを更新する気持ちにもならなくなっている。

 しかし、それは権力者の思うつぼ。気を取り直して、言い続けなくてはいけないのだ。 

2018年7月25日 (水)

酷暑の次は熱中症

 ここ数日、テレビ各局は、暑い暑いと、暑い画像をかき集める競争をしていたが、視聴者としても、もう「暑い」にはうんざりして、いいかげんに「暑い」ばかりを下記を詰める報道はやめてもらいたいと思っていた。

 それを察知してか、昨日、今日のワイドショーは、「暑い」に平行して「熱中症対策」を話題の中心据えている。

 これにしても、「暑い」と「熱中症」でワイドショー枠の30分も40分も割くのはいかがなものか。

 視聴者も、もう「暑い」には辟易していると思うのだけど。

 岸田さんが自民と党総裁選不出馬を、なんだかわけのわからないことばをだらだらと羅列して表明していたが、その画像を見ていたら、なおさら暑苦しくて、これで安倍さんの3選が磐石になるのかと思うと、冷たいものが体を通り抜ける。

 今年の猛暑は日本だけではなく、地球規模で異常気象が起こっているが、政治も世界規模で異常な状況に陥っているよなあ。

2018年7月23日 (月)

安倍政権安泰の疑問

 無法な参議院議員定数6増法案。

 カジノ法案。

 西日本大災害の対応。

 森加計問題。

 政策、運営に対しては、国民の半数以上が批判しているのに、安倍政権の支持率は下がらない。

 無茶苦茶なトランプさんの支持率が下がらないのと同じ現象。

 はがゆい。

 

より以前の記事一覧