経済・政治・国際

2017年9月30日 (土)

小池さんは反安倍にあらず    日本の急激な右傾化を憂う

 安倍さんは勝機とみて解散に打って出たが、あにはからやんや、風は小池さんに吹いた。

 選挙は小池さんを中心に動いている。

 完全に風を掴んだかに見える小池さん。

 自分の立場が強くなってくるにつれ、その正体を現し出してきた。

 小池氏さんはら候補者受け入れの条件として、憲法観や安全保障などの基本政策の一致を求めている。

 ここにきて、赤松氏は「憲法9条の改正、違憲である安保法制に賛成なんてことはあり得ない」。「節を曲げてまで(衆院議員)バッジを守るためにどうこうなんてことは、さらさら考えていない」と語っている。

 「バッジを守るためにどうこうなんてことは」という言葉に象徴されるように、小池新党に入ることが当選の条件のような雰囲気になっている。

 小池さんは安倍総理と対峙する立場のようにふるまっているが、それは安倍さんとの権力争いの戦略でのことだ。

 女性ということと、顔だちのやさしさにだまされてはいけない。

 小池さんが候補者受け入れの条件にしている、憲法観や安全保障政策は、安倍さんの考えと大差ない。

 小池新党が大量の議席を獲得したら、自民党の議席とあわせると3分の2どころか4分の3を占めることになりはしないか。

 そうなれば、憲法9条改正論者は右派右派(ウハウハ)だ。

 日本の右傾化を押しとどめる手段はなくなったようだ。

2017年9月29日 (金)

小池詣でに思い出す、小沢面談。

 安倍さんは、政権を維持するために、批判の越えものもとせず、屁理屈をつけて解散した。

 ところが、風向きが変わった。

 小池さんが旋風を巻き起こしている。

 野党も与党もマスコミも、小池さんの一挙手一投足を注視している。

 憶測が憶測を呼び、その憶測に便乗して小池さんは巨大化している。

 小池新党「希望の党」から出馬すれば当選するかのような雰囲気になってしまって、こぞって小池さんにすり寄っている。

 あれよあれよという間に、小池さんか安倍強権総理に肩を並べる強者になってしまった。

 出馬予定者は、恥も外聞もなく小池さんの支援を受けることに生命をかけているかのようだ。

 なんだか、20年前くらいに、当時40代で自民党の幹事長になった小沢さんが、竹下さんの次の総理に出馬表明していた、年長者の先輩議員のそれぞれを呼びつけて面接をしたことと重なる。

 魑魅魍魎の世界。

 私は、やせがえるの遠吠え。

2017年9月22日 (金)

臨時国会冒頭解散は当然

 安倍晋三首相は、臨時総会での冒頭解散をするようだ。

 野党やマスコミは「森友、加計疑惑隠しだ」「解散の大義がない」などと反発している。

 しかし野党の本音は、今選挙をやられると負けが濃厚だからだ。

 批判しているマスコミも、自民党政権に批判的な立場のマスコミであって、これまた自民党に有利な選挙をさせたくないからなのだ。

 私は個人的には反体制派なのだが、私が安倍さんの立場だったら同じことをしただろう。

 そもそも政治家は、国民のために政治を行うのではなく、自分が一番得をするために政治を行うのである。

 それは政治家に限ったことではなく、誰にも言えることだろうけど、国のため、人のためというのはきれいごとの建前であって、自分のためにならないことはしないのである。
 まず自分にとって得なことかどうかが最優先、そうすることが自分に利益があるときのみ、国のため人のために動くのである。

 それが人というものであって、それを非難するのは、非難する相手の利益が自分の利益と相反するからでしかない。

 それにしても安倍さんはツイテいる。

 森友、加計疑惑で支持率が危険水域といわれるところまで急降下して、「おごれる平家は久しからず」の諺どおり、安倍強権政権もこれまでかと思われた。

 それを救ったのが北朝鮮の核とミサイル。

 安倍さんは、ここぞとばかりに強い言葉で北朝鮮を非難し、ことさらに危機を煽る。

 国民は大きな危機を前にして、それをはねのけようとする政権を支持することになる。
 それで支持率は急回復することになるのだが、山尾さんの不倫辞職と、それをきっかけに民進党からの離党が相次いで、対抗馬となるべき民進党はがたがたで、自民党の支持率回復の手助けをしてしまう。

 風を起こした小池さんのご威光にすがる新党の体制は整っていない。

 この機を見逃しては、政治家としては失格。

 大義なんて屁の河童。政治屋はまずは自分のために政治を使っているのであるから、解散総選挙に打って出るのはあたりまえのこと。

 げに、安倍さんはツイている。
 
 それを選んだのは国民。

 それを支持しているのも国民。

 どうあがいても、なるようにしかならない。

  最悪の想像が現実にならないことを祈るのみだ。

2017年7月14日 (金)

安倍内閣支持率急落 29.9%

 時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。

 支持率30%割れは、政権維持の危険水域といわれている。

 「This is 敗因」と称して、都議選における自民党の敗因を、豊田真由子(T)羽生田(H)、稲田(I)、下村(S)のせいにする話があったが、このところの急激な支持率の低下は、敗因の一番の張本人が安倍総理にあったことを如実にあらわしている。

 国会で、友学園問題を追求されても答弁を拒否し、「内閣支持率は53%で、自民党の支持率、民進党の支持率はご承知の通り」などとうそぶいていた。

 安倍さんが嫌だと思っても、国政では反安倍の受け皿になる野党がなかったから、安倍政権の支持率は急落しようがなかった

 支持率の急落をうけて、菅官房長官は「支持率に一喜一憂はしない」と支持率低下の時の政治屋の常套句を発していたが、支持率が高いときには「私は国民に指示を受けている「と傍若無人な横柄な態度をとるのが、また政治屋の常。

 受け皿となったのが、脳ある鋭い爪をもった鷹派の小池さんでは、安倍独裁政権の歯止めにはなり得ないのだが、とりあえず安倍さんの暴走は止まることになるかもしれない。

 

2017年7月 3日 (月)

小池さんは好きではなかったが、小池さんの都議選大勝はうれしい。

  東京都議選は自民党の惨敗だった。
 
  歴史的な大敗なのだそうだ。

 
  選挙期間に、萩生田光一官房副長官の新文書、豊田真由子衆院議員の暴言・暴行疑惑、稲田朋美防衛相の応援演説、下村博文・党都連会長をめぐる献金疑惑などが惨敗の要因にあがっている。
 
  しかし一番の原因は安倍政権の驕りだろう。
 
  不祥事を追求されても、知らぬ存ぜぬ、調査はしない、答えないを押し通してきた。
 
  こっかいでも、野党の追及に対して、「そうは言っても、我が党の支持率は高いんですよ。あなたがた(ことに野党第一党の民進党)の支持率は低いじゃないですか」と傲慢な応対をしていた。

 しかし、誰もが思っていたことだが、安倍政権の支持率が高いのは他に政権をまかせられる受け皿がないからだ。

 安倍さんがいいというより、他に選択肢がないという結果だった。

 こんな世の中にしてしまった張本人は民進党。

 週刊誌の記事を手にして、政権を批判するだけ。

 なにがやりたいのか、なにがやれるのか、ちっとも伝わって来ない。

 それを如実に表したのが、今回の都議選だ。

 小池さんが大勝したのは、小池さんが安倍政権の批判票の受け皿になったからに他ならない。

 小池新党なくしては、自民党の大敗はなかっただろう。

 小池新党の大勝で、安倍さんも安易な解散もできなくなった。

 とにかく安倍一強政権はダメ。

 しかし、小池さんの政治手法には大いに疑問を感じる。

 小池さんには、「都民ファースト」ではなく、「小池ファースト」が見て取れる。

 いまこそ民進党は解体し、「数」を捨てて野党の再編をはかるべきなのではないか。
 
 まずは、小池新党の誕生で安倍一強の政治に歯止めがかかることに期待をしている。

2017年6月 6日 (火)

安倍総理の野次の方がたちが悪い

 昨日の国会中継の映像で、安倍晋三総理が「野次を飛ばすのは止めてください」と、野党の野次に反撃していた。

 テレビカメラを意識して、「お答えしているんだから、ちゃんと聞いてくださいよ」とか「国民のみなさん、野党はひどいんですよ」ってな感じで、余裕をもって野党の野次を交わしていた。

 従来であれば致命傷的な問題を抱えながらも、安倍政権の支持率は下がらない。

 野党のみならず、与党にも自分に代わる者はいないと思ってか、安倍さんの強権政治は目に余るものがある。

 それを見事に見せつけたのが、自らが「野次を飛ばすのはやめてください」と声を荒らげた10分後のことだった。

 安倍総理を追求する宮崎議院の発言中に、安倍総理が「いい加減なことばかり言ってるじゃあ無いよ」と野次を飛ばした。

 野次については、委員長からも「不規則発言は止めてください」と注意をされたにもかかわらず、安倍首相は、さらに「答弁させてくださいよ」などと野次を飛ばし続けていた。

 そして、自分は宮崎議院の質問中にさんざん悪態をついておきながら、その後の発言では、宮崎議員に「あなた笑いましたよね。私が誠意をもって答弁してるんです」と、恫喝するような言葉を投げかけていた。

 このところの安倍総理を見ていると、トランプさんの不遜さと重なって見えるのは私だけだろうか。

2017年5月 8日 (月)

フランスの大統領選挙を見ていて、ふと不安になった。

フランスの大統領選挙で、中道で無所属のマクロン候補が極右政党のルペン候補を破り、フランス史上最年少の大統領が誕生することになりました。
 
  恥ずかしながら、フランスの大統領選挙には、ほとんど興味がなかったのだが、決選投票直前のニュースを見ていて、はたと思い当たることがあった。
 
  フランスの大統領選挙は、1回目の投票で過半数の票をとる者がいなかったときは、獲得票数1位と2位の者で2回目の決戦投票をして、勝った者が大統領となる。
 
 1回目の投票の得票結果は、マクロン氏が23.7%、ルペン氏が21.5%、3位のフィヨン氏が19.9%だった。

 2回目の投票にあたって、マクロン氏、ルペン氏を支持する人々が投票を呼びかけたのた。

 それとは別に、投票に値する人がいないので投票を棄権することを呼びかける勢力があった。

 マクロン氏がバリバリのエリート出身であることを嫌う人が多数いたし、極右政党のルペン氏に政権をとらせたくない人も多数いた。

 マクロン氏、ルペン氏ともに、国民から絶大なる支持を得ていたわけではない。

 むしろ、支持する人以上に嫌いな国民の方が多いのではないかと感じられた。

 そういえば、トランプ大統領もそうだった。
 
 選挙開始当時は、トランプさんの不人気度は無茶苦茶高かった。

 一方の、エリート出身のクリントンさんの不人気度が、それに負けないくらい高くて、結局不人気合戦の泥仕合の結果、クリントンさんが負けた結果がトランプ大統領の誕生となった。

 フランスの大統領選挙も、アメリカの大統領選挙も、この人に国を託したいという候補者が現れずに、両方とも好きではないけれど、あちらよりはこちらの方がまし、といった感じで決まった感がある。

 疑惑と失態にまみれた安倍政権の支持率が下がらないが、それは安倍政権を支持しているからの結果ではなく、他にまかせられる政権が思い当たらない結果でしかない

 政治が行き詰まっているのは、日本だけのことではない。

 人類の発展が究極を迎え、確定的にこれを打開する策を見いだせないのではないか。

 こんがらがった糸をほぐさんがために、ガラガラポンと、戦争へと進むことにならなければ良いが。

2017年5月 5日 (金)

安倍総理 改憲へ

 安倍総理が改憲に期限を設定した。

 ビデオでそれを表明する安倍総理の顔は、ごう慢な独裁者の顔だった。

 赤ずきんちゃんをだます、おばあちゃんの姿がかぶさってみえた。

 

2017年3月 8日 (水)

稲田防衛大臣の夫 森友学園の幼稚園の顧問弁護士か?

  衆議院予算委員会で、稲田朋美防衛大臣の夫が国有地払い下げ問題の森友学園が運営する幼稚園の顧問弁護士だったのかという質問が出た。
 
  それに対する稲田防衛大臣の答弁は、「(私は)森友学園の籠池泰典理事長夫妻と、この10年間、お会いしたこともお話ししたこともない。何らかの法律相談を受けたこともない」と答え、自身の身の潔白を表明した。
 
  肝心の夫が顧問弁護士だったかどうかということについては、「(夫は)一私人なのでお答えする立場にない。」と答えた。
 
  またしても「一私人」である。
 
  いっさい答えたくないのであれば、そこでやめておけばいいのに、「夫からは『土地売却には全く関与していないことをぜひ説明してほしい』と言われているので、この場で申し添える」と答弁した。
 
  夫からの、そんな伝言をそのまま伝えたのでは、夫が顧問弁護士をしていたことを認めることになる。
 
   この稲田防衛大臣、自らも弁護士さんだ。
   
   弁護士ということは、日本における最難関試験である司法試験を突破しておられるわけで、飛び抜けて頭がいいはずなのだが、稲田さんの防衛大臣就任後の答弁を聞いていると、なんとも間抜けでとんちんかんな答弁が多い。

  とても、総理大臣の有力候補の呼び声がかかっていた人物とは思えない。
   
 それにしても、またしても森友学園に有力政治家に関係する人物が登場してきた。

 魑魅魍魎。

 いみじくも鴻池さんが言った、「あんなん教育者にしたらいかん」「野党がんばれ。学校作らせたらいかん」という言葉は正しい。

 土地は国が買い戻して、適正な価格で公正な取引をすることだ。

2017年2月27日 (月)

豊中市国有地疑惑の売却 森友学園

 豊中市の国有地売却問題については、さすがにマスコミも取り上げ方が増えてきた。

 しかしまだ、国会における野党の追求があってこその報道で、テレビ局独自のスクープ合戦には発展していない。

 鑑定評価額9億5600万円の土地を、実質200万円で売却しているのに、その経緯の記録は処分したというのだから疑惑は深まるばかり。

 旗色が悪くなった今、安倍総理は責任回避に終始している。

 寄付金集めに自分の名前が使われたことは「大変遺憾であり、残念であるという強い抗議をした」だとか、「大きな不信を持った」と被害者ヅラ。

 森友学園の籠池泰典理事長に対しては、「非常にしつこい中において」とか「教育者としてはいかがなものか」とまで言っている。
 
  しかし、ほんの10日ほど前には、安倍総理は籠池理事長を「いわば私の考え方に非常に共鳴している方でですね」だとか「妻から森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」と言明している。
 
  これはテレビの映像にも残っている。
 
  このときは、ことの深刻さがわかっていなかったのだろう。
 
  徐々に詳しい内容がわかってきたら、さすがにことは重大事。
 
  疑惑を追及する野党議員に対して、「テレビカメラの前でさも私が関係しているかのような発言をして国民に誤解を与えようとしている」といった意味の答弁をしていた。
 
  この安倍さんの答弁こそ「テレビカメラのうしろの国民の目」を気にしたもので、「さも自分が無関係であるかのように」演じているのではないか。
 
  今回の国有地売却問題で安倍総理を追い詰めることができなければ、安倍一強政権の暴走を止めることはできないだろうなあ。   

 

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ