12健康

2018年10月13日 (土)

年をとると筋肉痛が遅れてやってくる?

今朝起きると、身体全体に強い筋肉痛。
 
  昨日、軽い筋肉痛を感じていたが、昨日の5倍くらい痛い。
 
  特に、足と腰が痛くて身体を真っ直ぐにするのに時間がかかる。
 
  年をとると、筋肉痛が遅れてやってくるというが、そのせいだろうか。
 
  ずいぶん前のことだが、テレビの番組でこのことについて解説していたのは覚えているが、どういう理論だったかを思い出さない。
 
  それで、ネットで調べてみた。
 
  結論は、年をとると筋肉痛が遅れてやってくるというのは、正しくもあり誤りでもある。
 
  筋肉痛には、筋肉痛には、運動中から運動直後に発生する「急性筋肉痛」と、運動後数時間~1日経過してから痛み始める「遅発性筋肉痛」の2つがある。
 
  今回問題にしているのは、遅発性筋肉痛のことである。
 
  筋肉痛の原因は、運動による筋損傷とする説や、筋損傷を治そうと発生する炎症によって痛みを引き起こす説があるが、明確な原因は、いまだにわかっていないというのが正確な情報のようだ。
 
 一番有力なのは、運動によって傷ついた筋繊維を修復するときに起こる炎症が筋肉痛の原因という説だ。

 普段、行わない運動をした場合に筋繊維に傷がついたり、一部が壊れる。

 そのとき、筋繊維が壊れるが、痛みを感じる筋膜には異常が起こっていないので、そのときは痛みは感じない。

 そして次の日や二日後に、身体は傷ついた筋繊維を修復させるように働く。

 この修復作業で、血液中の白血球が集まってきて炎症が起こり、炎症が筋膜にまで波及するため痛みが起こる。

 では、歳をとると筋肉痛は遅れてくるのか?

 これは、年をとったからではない。

 運動の種類や普段から運動しているかどうかで変わってくるのだ。

 普段から運動をしていると、筋肉の修復が早くなるので、すぐに筋肉痛になる。

 運動不足の場合は、なかなか筋繊維の損傷を回復しようとしない。

 だから、筋肉痛が遅くなるというわけだ。

 また、運動の種類によっても筋肉痛が早くなったり遅くなったりする。

 ハードな筋トレなどを行った場合には、早く筋肉痛になる。

 急激に筋肉がダメージを受けると、それを治すための炎症が強いので、痛みに気づきやすくなるせいでもある。

 若くても、筋肉に緩めの負荷をかけた場合には二日後に筋肉痛がやって来たりする。

 年をとってやる運動は、比較的緩めに筋肉に負荷をかけるような運動になることが多い。

 また、強い負荷をかけようとしても、筋力が低下していて、中途半端な負荷しかかけることができない。

 つまり、年をとったから筋肉痛が遅くなるというわけでは無く、運動不足から来る君肉の回復の遅さ、運動負荷の弱さが、筋肉痛が来るのを遅くしているというわけだ。

 冒頭で結論づけた、「年をとると筋肉痛が遅れてやってくるというのは、正しくもあり誤りでもある」というのは、こういう理由からである。

 年をとっても、普段から運動をしていて、強い負荷をかけると筋肉は早くやってくる。
 徒然なるまま、何の役にもたたないことを、結構な時間を浪費して調べていていいのかなあ。

2018年8月24日 (金)

薬に頼らずに血圧を下げる 特報

 私は、薬に頼らずに血圧を下げるために、あれこれやっている。  そのために2月からジョギングを始めて、そのほかにも良いとうことは、どんどんやっている。  減塩。酢。オクラ水。アマニ油にオリーブオイル。DHAにEPA。血圧を下げるというサプリメント。  ジョギング以外は苦労を伴うもんでもないものだから、適当に続けている。  その成果で、上は140下は90を下回るようになった。  時々は至適と言われる数値にもなって、時々102の98なんてこともあって、こんなときは下がり過ぎではないかと不安になったりする。  とはいえ、大体においては、135の85という数値に落ち着いているといったところである。  それが今日は、上が98で下が65 。  毎朝、3回測った平均値を記録しているのだが、今日は5回測り直したが、上が100を超すことはなかった。  今、一時間経過した今、測り直したら111の75。至適の数値である。  情報過多に振り回されそうな前期高齢者である。  

2018年6月16日 (土)

薬に頼らずに血圧を下げる その後②

 今年2月から再開した血圧を下げるためのウォーキング。

 実は、ひそやかに続いていた。

 ジョギングではなくウォーキングにしたことで、足への負担が少ないため、週に5回程度は歩いている。

 雨の日と、夜の出ごとがあるとき以外は、毎日歩いているという感じだ。

 それに加えて、減塩を心がけ、黒酢を飲み、流行りのように宣伝されている血圧対策のサプリメントも飲んでいる。

 オクラ水がいいという雑誌の記事を見てからは、オクラ水も飲んでいる。

 その甲斐あってか、ここ半月余り、血圧は正常値を維持している。

 今までは、正常値になったかなと思っていても、月に何度かは95の155という数値が出ることがあって、ここまで安定したことはなかった。

 私のまわりは、血圧の薬を飲んでいる人だらけで、運動では血圧は下がらないよと言われていたのだが、またしても私は、根性で血圧を下げたようだ。

 健康への不安からの努力というより、ゲーム感覚で楽しんでやっているのが良い結果になっているのかもしれない。

 本業の仕事もゲーム感覚になれると、もっと成果が上がるのだろうなあ。

2018年4月 3日 (火)

薬に頼らずに血圧を下げる 再び

 去年の青島太平洋マラソン以来、運動とはまったく無縁な生活をしていた。

 不思議なもので、というか、当然の帰結というか、今年になって血圧をはかったところ、完全なる高血圧の数値になっていた。

 気になって、数日間、計測を続けてみたのだが、下が110、上が180という日もあった。

 これは重度の高血圧の数値だ。

 平均的には100の160。これは中度の高血圧の数値。

 これはもう、病院に行って薬を服用するべき。

 しかし、病院に行く前に、もう一度運動を始めてみようと思った。

 私は、何度か運動で血圧を下げることを経験している。

 去年青島太平洋マラソンを走ったのも、血圧を下げるためにジョギングを始めたことからだった。

 ただし、自分の体に過信はしていない。

 3カ月運動をやってみて、まったく改善がみられなければ薬に頼るのもやむを得ないという覚悟の上だ。

 今年は、ジョギングではなくウォーキングをすることにした。

 ランニングは体に悪いという説があるからだ。

 青島太平洋マラソンを目指してランニングをしていたが、ランニングだと、ついスピードが上がり過ぎることがあって、次の日に膝が痛いという経験を何度もしている。

 それで、週に2、3日は練習を休んでしまっていた。

 ウォーキングだと足への負担が少ないから、毎日やれる。

 それで、2月からウォーキングを始めて、なるべく毎日、5㎞う目標にして歩いてきた。

 ウォーキングを始めて1カ月は、大きな変化はなかった。

 平均的には下が90から100前後、上が150から160前後。

 これは、もう、薬を飲んだ方がいいのかなと、弱気になった。

 もう少し続けてみて、変化がなければ病院に行こうと思っていたのだが、3月になって下が100を超すことが少なくなり、上も160を超すことは少なくなった。

 そして、この2、3日下が90前後、上が140前後の数値になった。

 温かくなったせいでもあるのだろうが、これは軽度の高血圧ではあるが、低リスクの軽症の数値。

 ということで、この2カ月、継続していることが一つあったという、ごく個人的な報告である。

 ちょっとまずいのが、ウォーキングでは刺激が少なくて、ウォーキングにちょっとジョギングを取り入れたりしていたのだが、だんだんジョギングの比率が多くなってきたこと。

 5㎞に要する時間が少しずつ速くなっている。

 ついに昨日は、5㎞のほとんどをジョギングしてしまった。

 健康のためにはジョギングよりウォーキングなのだがなあ。

 スピードがあがらないように注意していこうと思っている。

2017年7月15日 (土)

薬に頼らずに血圧を下げる その後① と、青島太平洋マラソン

 今日もなんだか忙しくて、ブログの更新に取り組む時間がなかった。

 更新しないことに慣れてしまうと、書くことまで失ってしまう。

 それでなんでもいいから何かを書こうと思ってパソコンを立ち上げた。

 さーて、今日一日、何が忙しかったのか。

 振り返ってみても、格別に何をしたということもない。

 従って、これといって書きたいこともない。

 そんな中で思いいたったのが、今朝の血圧のこと。

 今年になって血圧が高いことに気づき、薬に頼らずに血圧を下げようと思った。

 それで、1月16日からジョギングを始めた。

 3カ月の期間限定でやってみて、下がらなければ医者にかかろうと思っていた。

 結果は、ちょうど3カ月で効果が見え始めた。

 そのままジョギングを続けて、5月に入ると正常値で安定したもので、「薬に頼らずに血圧を下げる」シリーズを完結させた。

 しかし、ほぼ正常値になったとはいえ、しばらくは、たまに140を超すこともあった。

 その後今日にいたるまで、起床後に血圧を計るのが週刊になっているが、このところは140を超すことはなくなっている。

 それなのに今日、ふいに血圧の話題を出したのは、今朝の血圧が下が63、上が110だったから。

 この数週間で2、3度、こんな数値が出ている。

 低過ぎるということではないようだが、急激に下がりすぎると、これもまた心配になる。

 あるお医者さんが、「歩いて死ぬ人はいないが、走っていて死んだ人は多い」と言っていた。

 今年は、流れから青島太平洋マラソンを走ることにしたが、来年からはウォーキングに切り換えることにしている。

 

2017年5月16日 (火)

薬に頼らずに血圧を下げる(23) 最近の状況

 今朝の寝起きの血圧、78の127。

 極正常値!

 70台の120台は、薬に頼らずに血圧を下げるゲームを始めて初めてのこと。

 この数値よりもうちょっと高いけど、この三週間なんとか正常の範囲の数値に落ち着いている。

 正確に言うと、三週間のうち一日だけ90の160という日があったけど、薬に頼らずに血圧を下げるゲームは、ほぼクリアーしたようだ。

 興味をもって見てくれていた人もいたようだけど、今日で血圧を下げるゲームのコーナーは終了としまーす。

 

2017年5月 2日 (火)

薬に頼らずに血圧を下げる(21) 一応の完結

 今朝。6時半起床。

 トイレに行き、顔を洗って、血圧測定。

 第一回目の血圧。下が75 上が117。

 ここ1週間、正常値の範囲内に納まっていたが、今日の数値は、ばりばりの正常値ではないか。

 2度目の測定は、78の121。

 3度目は80の130だったが、朝の血圧が正常値なのは今日で8日目。

 薬に頼らずに血圧を下げるゲームを始めて3カ月半。

 ゲームクリアーしたのかもしれない。

 次の「薬に頼らずに血圧を下げる 22」は、「このカテゴリーについての記事は終了します」の宣言になるかもしれない。

薬に頼らずに血圧を下げる(21) 一応の完結

 今朝。6時半起床。

 トイレに行き、顔を洗って、血圧測定。

 第一回目の血圧。下が75 上が117。

 ここ1週間、正常値の範囲内に納まっていたが、今日の数値は、ばりばりの正常値ではないか。

 2度目の測定は、78の121。

 3度目は80の130だったが、朝の血圧が正常値なのは今日で8日目。

 薬に頼らずに血圧を下げるゲームを始めて3カ月半。

 ゲームクリアーしたのかもしれない。

 次の「薬に頼らずに血圧を下げる 22」は、「このカテゴリーについての記事は終了します」の宣言になるかもしれない。

2017年5月 1日 (月)

薬に頼らずに血圧を下げる(20) 寄る年波の筋肉痛

 戦争にならなきゃいいが。

 心配で血圧が上がっているのではないかと思ったが、今朝の血圧も正常値。

 今日で、ちょうど1週間正常値が続いている。

 これで血圧問題は解消か?などとほくそ笑んでいる。

 これもすべては、ジョギングのおかげ。

 ということで昨日、今年初の10㎞走をやってみた。

 まったく苦しい思いをせずに10㎞走ることができた。

 しかし、寄る年波。

 心肺機能は高まってきているのだが、筋力がそれに追いつかない。

 悲しいかな、今日は足が筋肉痛。

 筋肉痛は筋肉が増えるための通過点。

 心肺機能が高まって、体を動かしても息切れしないのは、自分が頼もしい。

 もう先がないと思う年になってしまったが、まだまだ進化の余地があるかのような、前向きな錯覚を感じている。

 今日は5月1日。

 月の始めだから、今日も今からジョギングに出かけることにする。

 

 

2017年4月30日 (日)

薬に頼らずに血圧を下げる⑲ 久々の10㎞走

 昨日献血をしたからジョギングはできなかった。

 私の見解では、ジョギングくらいいいだろうと思うのだが、採血する看護師さんにダメだと言われたので自粛。

 今日は、走り初めに足の調子が良かったので、10㎞走ってみようかなと思った。

 今年初の10㎞走。

 血圧が高いことに気がついて、薬に頼らずに血圧を下げてみようと思って、1月16日から走り始めた。

 5㎞、ゆっくり走ることから始めた。

 自然に少しずつスピードが上がってきて、距離を6㎞に増やした。

 走っていてもなかなか血圧が下がらずに、2カ月過ぎたころに、病院に行こうかと思った。

 しかし、もともと3カ月やってみようと思って始めたことだから、あと1カ月やってだめだったら病院に行こうと決めた。

 その頃から、ときどき血圧が正常な日が出てきて、3カ月を過ぎると正常に近い高めに落ち着いてきた。

 もうしばらく続けてみようと、3カ月を過ぎてもジョギングを続けていたら、今年の青島太平洋マラソンに出てみたくなった。

 それで、まずは10㎞走を試してみようと思っていたのだが、なかなか10㎞を走る踏ん切りがつかなかった。

 今日、走り出してすぐに10㎞走を試してみようと思った。

 少しスピードを控えめにする。

 苦しい思いをして走るのはイヤ。

 2度のフルマラソン完走の経験で、苦しくないスピードというものがあることがわかっている。

 果たして、10㎞をなんなく走破。

 私が、5~6㎞ジョギングをしていることを話すと、年を考えて無理はするなと優しい言葉をかけてくれる人が多い。

 気の置けない友達は、年をとっての運動は体に悪いからやめろと本気で心配する者もいる。

 しかし、私はすこぶる臆病者なのだ。

 しかも、私は、雑学の王。

 運動が体に悪いという説も充分承知している。

 だから、決して無理はしないのだ。

 日ごろ、体を大事にして極力体を無理しないように過ごしていると、運動不足で体の昨日が衰えてしまう。

 私の回りのやつらときたら、歩くのは遅いし、階段で2階にあがるだけで息切れしている。

 体にいいと言われるウォーキングをやっているヤツも、ちんたらちんたらテクテクと歩いていやがる。

 ウォーキングも、早足でちっとは呼吸が弾むくらいの負荷をかけないと意味がないのだ。

 私のジョギングは、早足のウォーキングの延長。

 10㎞走ったって呼吸は苦しくないし、階段だって苦にならない。

 すこぶる生きやすくなっている。

 走り出して4カ月目に入って血圧も下がってきているようだし、いいことずくめ。

 一番の秘訣は、楽しんでやっていること。

 義務を課してしまうと、楽しくなくなる。

 ということで、血圧を下げるのが目的で走り出したのだが、青島太平洋マラソンの記録向上を目指してみようかななどとも考えている。

 ま、無理せず、楽しく。 

 

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ